Kaien のすべての投稿

私の好きな有名人

こんにちは。kaien秋葉原の訓練生です。

kaien秋葉原では最近朝礼の内容が変わり、指定されたお題に対して代表の訓練生が日替わりで1分間のスピーチと、その後に訓練生が2~3人のグループを作りこちらも日替わりのお題に対するディスカッションを行うようになりました。

毎回面白い話が出てくるので、私は朝礼の時間を楽しみにしています。

記事のタイトルは朝の1分間スピーチの題材の1つです。まだ私はこの題材についてスピーチをしたことはありませんが、ご紹介したい人物がいるので一足先にこのブログでご紹介したいと思います。

私の好きな有名人はご存知ない方も多いかと思いますが、三国志に登場する呂蒙という人物です。以下に彼のエピソードをご紹介します。

呂蒙は貧しい家庭に生まれたため、成人するまで勉強をする機会がありませんでした。

彼の才能を認めていた君主の孫権は学問を身につけるべきだ、と呂蒙に学問を勧めました。この時呂蒙は31歳。猛勉強の末学問を身につけ、当時の有力者である魯粛に「呉下の阿蒙にあらず」と言われるまでに成長します。

呂蒙から学んだことは人間何歳になっても成長できる、何かを始めるのに遅すぎることはないという事です。

人間はいつまで生きられるかわかりません。最期に後悔を残すか否か、それは今の自分の行動と決断次第だという事を呂蒙は教えてくれています。

呂蒙は西暦219年に42歳で病死してしまいます。当時の平均寿命と比較すれば長生きな方なのですが、現代の私たちからからすると非常に短命です。樊城の戦いで大都督に任命され、まさにこれからという時期でした。

もっと呂蒙のことを知りたいと思われたらぜひ正史の三国志を読んでみてください。

彼がどのような人生を歩んだかお分かりいただけるかと思います。

もしこのブログを読んでいる方で何かやりたいことがある、でも年齢が、時間がと悩んでいるのならばそれはとても勿体ないと思います。

今後の人生を充実したものにするために、まずは一歩踏み出してみませんか?

KODOMO福 新宿 季節のオススメ商品ご紹介

早いもので新年も明けて3月に入りました。気温も少しずつ上がり、お花見や旅行を楽しむ行楽シーズンに入る頃ですね。ですが、まだ日の当たらない場所や風の強い日は肌寒く感じる人もいるかと思います。今回はそんな気温の変わりやすい春先におすすめの羽織れる上着をご紹介いたします。

春先は気温に合わせて上着を一枚!カーディガン特集!

☆Un oursの水色カーディガン

遊び盛りの小さなお子様はたくさん動き回るため、汗をかきやすいかと思います。こちらのカーディガンはタオルなどと同じパイル生地なので汗も吸いやすく、おすすめです。

*ブランド: Un ours

 *対象: 男女兼用

 *サイズ: 90cm

 *素材: 綿80% ポリエステル20%

 *季節: 春秋

 *状態: 目立った傷や汚れなし

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v622548803

☆NATURAL BEAUTY BASICのカーディガン

薄い黄緑色で春らしさを演出するのにぴったりなカーディガンです。特徴的な金の留め具で前を閉じることもできるため、肌寒い日や風の強い日にもピッタリな商品となっています。

*ブランド: NATURAL BEAUTY BASIC

 *対象: 婦人

 *サイズ: Mサイズ(着丈50cm,肩幅37cm,身幅42cm,袖丈58cm)

 *素材: コットン100%

 *季節: 春秋

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w299609772

☆COMME CA ISMの紺色カーディガン

こちらの商品はサイズから小学生頃のお子様向けの商品となっています。紺色で他の服と合わせやすく、少し厚手の生地なので肌寒い日に羽織るのにおすすめです。

*ブランド: COMME CA ISM

*対象: 男の子

*サイズ: 150cm(身長145~155cm 胸囲70~78cm 胴囲58~66cm)

*素材: 綿100%

*季節: 春秋

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t635209384

春先にぴったりなカーディガン特集でしたが、いかがでしたでしょうか?

季節の変わり目は気温が変わりやすく、寒く感じる日もあります。風邪を引かないよう、気温に合わせて上着を一枚羽織ってお出かけになってください!

********************************************************************

当店では、子供向け商品を中心に、紳士向け・婦人向けの商品を、大変お求めやすい値段で出品しております。是非ご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

☆★KODOMO福 新宿(ヤフオク内)★☆

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nj_kodomofuku

これからもKODOMO福 新宿を末永くご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■次回予告

「KODOMO福 季節のおすすめ商品紹介」を予定しております。

オンラインショップの訓練~私の訓練所~

皆様こんにちは。三月になりました。私は去年の今頃はまだ大学生であり、卒業式でとても忙しかったことを思い出します。一年というのは本当にあっという間に過ぎていくんだなと改めて感じています。

私は2018年の9月に就労移行支援事業所Kaien秋葉原サテライトに入所し、訓練を受けています。最初、データ入力業務やビーズの検品といった軽作業を行なっていました。

今年の1月からはこしょこしょのオンライン店舗業務に移動になりました。私はコンビニエンスストアでの経験があったので、作業は簡単だろうと楽観視していました。

しかしいざ業務に加わってみるととても大変でした。多くの人から寄贈された本をオンライン店舗で販売するためにはクリーニング、検品、出品、梱包といった様々な工程を経なければなりませんが、最初は工程ごとに決められている作業手順を覚えるのにとても苦労しました。特に注文を受けてお客様に本を発送するための梱包作業には、行き詰まってしまいました。

私は手先を使う作業が他の人よりも苦手で、最初はテープを貼る位置や封筒を折り曲げる作業にとても苦戦しました。「他の訓練生はスムーズにできるのに何で自分はうまくできないのだろう」と自分を責めたいと思った日もありました。しかし先輩の訓練生の方々が何度も気にかけてくれて、たくさんのアドバイスをいただきました。また練習用の本で人よりもたくさん梱包の練習をしました。他の人は気にせず、自分のペースを守り、一つ一つの作業を丁寧に行うよう心掛けることを意識して業務に取り組み続けた所、本番の梱包作業を任されるようになりました。その時は本当にうれしい気持ちになり、自分の自信につながりました。

Kaienの訓練では、自分の得意・不得意などの特性の理解などに専念できる環境があります。失敗が許され、自分を振り返るためのフィードバックがいただけるこの環境を通して、今後の就活に役立てていきたいと思っています。

商品紹介「発達障害に関する書籍」

2月が終わり、外がだんだんと温かくなってきました。私の家の近所には桜の並木があるのですが、少しずつ膨らみ始めた花のつぼみに春の予感を覚えずにはいられません。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

今回も恒例の商品紹介になります。

今月は福祉関連の書籍の取り扱いが目立ったので「発達障害」がテーマです。発達障害者には文章理解が苦手な方も多いので、関連書籍の中でも特に読みやすそうなものを以下にチョイスさせていただきました。

15歳のコーヒー屋さん:岩野 響(著)

エッセイ。自閉症スペクトラムの診断を受けた15歳の著者が、周りのサポートを受けつつ自分のできること、できないことを模索しながら、徐々に自らの生き方を見出していく様子がご両親の俯瞰目線のインタビューを交えつつ描かれています。文章が簡潔かつ小刻みに見出しがつけられているので、文章理解が苦手な方でも読みやすくなっているかと思います。

(商品ページはこちら)

めざせ!ポジティブADHD:あーさ(著,イラスト), 山下 裕史朗 / 水間 宗幸(監修)

漫画形式の解説本。重く難解になりがちなこの手の解説本をあえてギャグマンガ形式で描くことで、文章理解が苦手な人にも面白く、分かりやすく読み解けるようになっています。ADHDの人が陥りがちなケースと、それについての具体的な対処法が簡潔に解説されているので、これからADHDについて理解を深めたいという方への導入本としてオススメです。

(商品ページはこちら)

マンガでわかる 私って、ADHD!?:司馬 理英子(著),しおざき忍(イラスト)

漫画ベースの解説本。ADHDの方が仕事と生活を両立させる上で直面しがちな困りごとと対処法を紹介する「大人の発達障害」にフォーカスした書籍です。ストーリー形式で順を追って話が展開するためとても読み進めやすく、また各話の最後に詳しく解説が載っているので、障害との付き合い方についてしっかりと理解を深めることができます。

(商品ページはこちら)

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い申し上げます。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

東野圭吾のガリレオシリーズ長編の第一弾

皆さんこんにちは、こしょこしょてんろく店長です。今回は、フジテレビで福山雅治さん主演でドラマ化、映画化された東野圭吾ミステリーの1つ、探偵ガリレオシリーズの長編第一弾を紹介します。

容疑者Xの献身

あらすじ

2度の離婚を経験した花岡靖子は娘・美里とアパートで二人暮らしをしていた。そのアパートへ靖子の2度目の離婚をした元夫、富樫慎二が彼女の居所を突き止め訪ねてきた。どこへ引っ越しても疫病神のように現れ、暴力を振るう富樫を靖子と美里は大喧嘩の末、殺害してしまう。今後の成り行きを想像し呆然とする親子に救いの手を差し伸べたのは、隣人の数学教師、石神だった。石神は主人公 湯川学と同じ帝都大出身の同窓生であり、湯川が唯一「天才」と認めたほどの数学者だった。彼は自らの論理的思考によって二人の犯してしまった殺人事件を完全犯罪とするため、指示を出す。

そして、3月11日、旧江戸川で身元不明死体が発見される。警察は遺体を富樫慎二と断定し、花岡親子のアリバイを聞いて目をつけるが、捜査が進展するにつれ、あと1歩といったところでことごとく花岡親子が犯人では矛盾が生じてしまうことに気づく。困り果てた草薙刑事は、友人の天才物理学者、湯川に相談を持ちかける。

湯川は当初傍観を通していたが、やがて石神がこの犯行に絡んでいることを感じ、独自に事件解明に乗り出していく。

「実に面白い」、「さっぱり分からない」などの印象的なセリフの多い探偵ガリレオシリーズ。

容疑者Xの献身は、福山雅治さんが映画作品で初めて主演を務めた作品でもあります。

当時、ドラマ、映画を見ていたという人もいるのではないでしょうか。石神の常軌を逸した献身ぶりと彼の仕掛けた殺人トリックは、当時、かなりの反響と論争を呼びました。

小説では、映画よりも登場人物一人一人の詳細が書かれているので、初めて読む人はもちろん、映画を見たことがある人もより深く登場人物に感情移入できると思うので、ご一読してみてはいかがでしょうか?