「こしょ こしょ てんろく」カテゴリーアーカイブ

発達障害との向き合い方

Kaien大阪天六訓練生です。今回のブログ記事は、私がKaienに入ったきっかけ、行っている訓練や今後の目標についてお伝えします。

Kaienに入ったきっかけ

私は生まれも育ちも大阪です。幼少期に地元では友人関係に対しては恵まれ遊び明け暮れる日々を過ごす天真爛漫な性格でありました。青年期になりますと誰とでも分け隔てなく接することが大変になり、自暴自棄に陥りやすくなって個性を出すことに苦労しました。このことが自分の人格形成を成長させるきっかけに繋がっていき、いずれは自立して

生きていかなければいけないと考えるようにしました。

自分は以前、就労移行支援を運営している機関で訓練を受けた経験がありました。

しかし、そこでは自分がどこに向いて進んでいるのか、将来どのようになりたいかがわからず、ひたむきに訓練を行いましたが、自分の思う通りにいかないことも重なり、悲観的になっていきました。私は、相手の意図していることを受け止めることができず、言葉通り受け取ってしまう傾向があります。また悪意はないのですが、言葉や行動の受け取り方の違いから、相手に誤解を招いてしまうこともありました。自分ではあまり自覚がなかったのですが、それが迷惑か、はたまたそうでないのかの境目があやふやになっていることが自分の特性に関連していることに起因しています。

そんな日々が続く中、たまたまインターネットを通じて、Kaienを知りました。

ここでは自分の特性に応じた訓練を経験することができ、独自のプログラムを通して、実りある実績を積んでいくことを可能にしてくれる場があることに、安心感を覚えました。

訓練を通して障害特性と向き合う

ここでの訓練はバリエーションが豊富で、オンライン店舗のクリーニングの研修では先輩訓練生の方々からきめ細かな指導があり課題に対してどのような過程を踏むと、作業が取り組みやすくなるかの説明をして頂きました。また、出品業務では書籍の状態を一冊一冊手作業で確認し、作業に取り組むための向上心や持続力を養うことができました。

また、自分が今取り組んでいる訓練をエクセルの工数記録表を通して可視化し、わかりやすくしてもらえているので、訓練を行う際に安心感や、落ち着きを保てることがある程度可能になりました。それに加え、訓練を続けていくにつれ作業の流れを体系的に組んでいけるようになったり、要領を自分なりに押さえることで、次の作業に進みやすくなったりすることがありました。

今後の目標

現代は情報があふれ、想像力や何かを生み出すことに焦点があてられ、そういう流れに取り残されないような人間が必要である社会になってまいりました。

私個人としては、ありふれた事や当たり前のことをKaienは自分と社会を繋げてくれる架け橋としての役割を担ってもらえるところであると思っています。今後は作業を通じて自分の特性について理解していき、就職活動などへ役立てて行こうと考えています。

東野圭吾のガリレオシリーズ長編の第一弾

皆さんこんにちは、こしょこしょてんろく店長です。今回は、フジテレビで福山雅治さん主演でドラマ化、映画化された東野圭吾ミステリーの1つ、探偵ガリレオシリーズの長編第一弾を紹介します。

容疑者Xの献身

あらすじ

2度の離婚を経験した花岡靖子は娘・美里とアパートで二人暮らしをしていた。そのアパートへ靖子の2度目の離婚をした元夫、富樫慎二が彼女の居所を突き止め訪ねてきた。どこへ引っ越しても疫病神のように現れ、暴力を振るう富樫を靖子と美里は大喧嘩の末、殺害してしまう。今後の成り行きを想像し呆然とする親子に救いの手を差し伸べたのは、隣人の数学教師、石神だった。石神は主人公 湯川学と同じ帝都大出身の同窓生であり、湯川が唯一「天才」と認めたほどの数学者だった。彼は自らの論理的思考によって二人の犯してしまった殺人事件を完全犯罪とするため、指示を出す。

そして、3月11日、旧江戸川で身元不明死体が発見される。警察は遺体を富樫慎二と断定し、花岡親子のアリバイを聞いて目をつけるが、捜査が進展するにつれ、あと1歩といったところでことごとく花岡親子が犯人では矛盾が生じてしまうことに気づく。困り果てた草薙刑事は、友人の天才物理学者、湯川に相談を持ちかける。

湯川は当初傍観を通していたが、やがて石神がこの犯行に絡んでいることを感じ、独自に事件解明に乗り出していく。

「実に面白い」、「さっぱり分からない」などの印象的なセリフの多い探偵ガリレオシリーズ。

容疑者Xの献身は、福山雅治さんが映画作品で初めて主演を務めた作品でもあります。

当時、ドラマ、映画を見ていたという人もいるのではないでしょうか。石神の常軌を逸した献身ぶりと彼の仕掛けた殺人トリックは、当時、かなりの反響と論争を呼びました。

小説では、映画よりも登場人物一人一人の詳細が書かれているので、初めて読む人はもちろん、映画を見たことがある人もより深く登場人物に感情移入できると思うので、ご一読してみてはいかがでしょうか?

私とKaien(カイエン)

皆様は「カイエン」と聞いて、なにを連想されますか?

坂本龍馬の海援隊でしょうか。あるいは有名な音楽バンドでしょうか。

…私は、真っ先に自分の居場所を連想します。

Kaienとは、発達障害(ASD,ADHDなど)と診断された人、またはその可能性がある人を対象とした、就労移行支援、訓練やアドバイスを行う場所です。私もそのKaienで日々、訓練を受けている訓練生の一人です。

●孤独

 発達障害の診断を受けた人は、「失敗経験しかない。」「自分なんてどうせダメ人間だし…。」などと自分に対してマイナスのイメージを持っているケースが少なくありません。かくいう私も、多くの失敗経験を持つひとりです。学校では他の生徒のなかで、どうしても浮いてしまっていじめられるし、社会に出たら業務内容が覚えられずに上司から叱責されてばかり。当然ながら、他の従業員のなかまたちは、とばっちりを受けたくないので、ますます離れていきます。気が付けば、学校でも、大人になって働き始めても、私は周囲から孤立無援の状態でした。

●衝撃

 そんなとき、偶然Kaienの説明会の情報を知り、出かけました。その説明会で驚いたのはスライドショーを見た時です。こう書かれていました。

「発達障害の魅力」

 この時、私の中で、考え方が音を立てて変わった気がします。

 「ここなら、もしかして」心に淡い希望の光が宿りました。

●躍動

  望みをかけてKaienに入った私は、様々な講座、訓練を通じて、社会の中での自分の居場所をKaienに見出しました。例えば、講座では次のようなものがあります。

 メモの取り方、電話対応、仕事の段取り、相手の暗示を正確に理解する練習などといった発達障害の人が苦手とするものから、タイピング練習、面接のコツ、データ入力・・・本当に様々です。

 なにより、多くの仲間に出会えたことが私の自信につながりました。

 もし、あなたの身近に発達障害で困っている方がいたら、その時は、一度Kaienの存在を思い出してください。私たちと一緒に活動することで、その方本来の輝きが取り戻せるかもしれません。

商品紹介(2019年2月)

皆様こんにちは。こしょこしょてんろく副店長です。今回は私どもの出品書籍の中から、科学的な内容を扱うものを3冊ご紹介いたします。それではさっそく始めていきましょう。

■アインシュタインが考えたこと(佐藤文隆著 岩波ジュニア新書 初版1981年)

・当商品は2007年 第39刷発行ですLINK!

相対性理論を提唱した天才アルベルト=アインシュタインの一生や、彼にまつわる学者たち、相対性理論に基づいた世界におけるふしぎな現象やその考え方、理論を裏付けるような宇宙の現象などについて幅広く書き表した本です。一般相対性理論、特殊相対性理論、と文字に書くだけでもなにやら難しそうに思われますが、この本では、なるべく分かりやすくなるよう書いてあります。

■大問題!Jr.(東京理科大学編 ぺんぎん書房 初版2005年)LINK!

「カニやエビをゆでると赤くなるのはなぜ?」「ステンレスがさびないのはなぜ?」「流れ星ってどこからくるの?」といった、身近な現象に対する素朴な疑問を、東京理科大学各科の専門家が答えてくれるたのしい本です。理科や科学は、技術者や学者だけのものではなくて、こうした身近な物事に対してもその本質を知ることで、人生をより豊かにする手段の一つでもあるのです。

■水とは何か(上平恒著 講談社ブルーバックス 初版1977年)

・当商品は1999年 第44刷発行ですLINK!

酸素が1つと水素が2つ、たった3つの原子で出来ている水分子は、単純な構造ながら多様な性質を持っており、あらゆる作用に関係しています。この分子の集った姿である水は、すべての生物・人間の生活にも欠かせないものです。本書ではそうした水・水分子の多様な側面について、さまざまなテーマで記述されております。

今回は初版が古い本も紹介しましたが、過去の知見と現代の知見を比較して、科学の進歩や変化について考えるのも本の楽しみ方の一つかもしれません。当店ではこのほか、各種小説、ライトノベル、コミック、実用書など、さまざまな書籍をご用意しております。また、書籍寄贈もお待ちしております。詳しくは当店のご紹介をご参照願います。

最後までお読みくださいまして、誠にありがとうございます。

Kaien大阪天六での訓練内容と、自身の適職に関する実感

皆様、こんにちは。私はKaien大阪天六内のオンライン店舗こしょこしょ天六で2019年1月から店長を務めております。

今回はKaien大阪天六での訓練の内容と、訓練を通して私が得たもの(自身の適職に関する実感)について紹介したいと思います。

■Kaien大阪天六での訓練内容

Kaien大阪天六では、主に「週替業務」と「オンライン店舗業務」という2つの訓練が行われています。

「週替業務」では1週間あるいは2週間などの週単位で様々な業務・訓練を体験することができます。

私は今まで「週替業務」で、営業、web広告の業務、経費精算、文字起こしなどの業務を体験することができました。

「オンライン店舗業務」はAmazonを通して実際に本を売るオンライン上での店舗を運営するという訓練です。

「オンライン店舗業務」では、本のクリーニング、商品情報入力、Amazonへの出品登録、商品の梱包・発送、マニュアルなどの作成・改善などに取り組むことができました。

また、オンライン店舗業務において2019年1月から店長として業務に取り組んでおります。

周囲に目を配り、時にはオンライン店舗業務が初めての方に業務を教えながら、自分の業務を行うというマルチタスクの訓練にもなっています。

■訓練を通して得たもの

私がこれらの訓練を通して得たものは色々とありますが、一番大きいと思うものは、自分が何に向いているかに関する「実感」だと思います。

また、Excelスキルやその他様々なスキルも身についてきているように感じます。

他にも、自分の訓練での取り組みを講師やスタッフの方も見ておられるので、自分がどのような仕事に向いているかに関して客観的な意見を頂くこともできました。

■まとめ

以上のように、自分が訓練を通して成長し、どのような職業に向くか徐々に明確になってきているように感じます。 今後も訓練などを通して自分の向き不向きを把握し、自分の強みが活かせる仕事につき、社会に貢献しながら、お金を稼ぎたいと思います。