「Toy-en」カテゴリーアーカイブ

Toy-en商品のご紹介

Kaien秋葉原事業所のオンラインショップ、Toy-enの訓練生です。

立冬を過ぎ、肌寒さが身に染みる季節となってきました。いかがお過ごしでしょうか。

今回はToy-enからも冬にゆかりのある商品を紹介させていただきます。

2003年から日本で放送され韓流ブームの先駆けとなったドラマ「冬のソナタ」。

その名曲「MyMemory」の作曲者パク・ジョンウォン本人の演奏による韓国ドラマのBGM集です。

「冬のソナタ」から4曲、同監督の「秋の童話」等の作品から計12曲収録。

1. My Memory ~ 「冬のソナタ」 より

2. 記憶の中へ ~ 「冬のソナタ」 より

3. あなただけが ~ 「冬のソナタ」 より

4. 始まり ~ 「冬のソナタ」 より

5. Theme [Piano Ver.] ~ 「秋の童話」 より

6. Love Theme ~ 「秋の童話」 より

7. Theme [Guitar Ver.] ~ 「秋の童話」 より

8. Love ~ 「秋の童話」 テーマ曲より

9. 涙 ~ 「愛なんてこんなもの」 より

10. Love Piano ~ 「かわいい恋人」 より

11. Piano ~ 「人生は美しい」 より

12. Love Theme ~ 「かわいい恋人」 より

皆様もゆったりとした美しいメロディーに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

Toy-en商品のご紹介

皆さんこんにちは。Kaien秋葉原事業所の訓練生です。

いつもToy-enのブログをご覧いただきありがとうございます。

10月の後半になり前半とは打って変わってようやっと10月本来の気温になり衣替えができるようになってきた今日この頃です。

さて本日はKainenで扱っている2つの商品をご紹介したいとおもいます。

  • 【書籍】現代ビジネス文書大事典 [著]平田 毅彦、上野 伊知郎

こちらの本では社外文書や社内文書、社交・儀礼文書、法律関係の文書、英文ビジネスレターなどの仕事における大切な文書の実例や作成ポイントが学ぶことができ、これから仕事を始めるかたはもちろん仕事をしているかたでも「これどうやって書くんだっけ」と思った際にもすぐに確認ができる為、持っていても損がない一冊となっています。

  • 働く女性の24時間 女と仕事のステキな関係 [著]野村浩子

今は女性も世の中に出て働く時代だと言われており、共働きの家庭が多く、女性が働きに出て男性が家事などを行うという家庭もあるとニュースや雑誌などで見たことがあります。しかし、昔は女性が外に働きに出るなど考えられず女性は家で家事などを行うことが一般的とされてきました。

この本では「自分らしく、ハッピーに働きたい!」という等身大の働く女性が多数登場し、その女性たちに著作者である野村さんが10年の取材を続けて著者が感じている変化や働く女性の今を伝えている本です。この本では仕事をすることによっての女性の幸せや子供を育てる自信のなさやストレスなどの葛藤、こんな女性に慣れたらなどの3部構成になっており、自分の進路や働き方を模索する女性はもちろん、女性の考えを知りたい男性にもお勧めです。

1冊目に紹介させていただいた本は自分が読んでみてとても分かりやすく参考になる本だと思い、2冊目に紹介させていただいた本は女性の社会進出というこれからますます進んでいくのではないかと思い、この2冊をご紹介させて頂きました。

Kaienの訓練内容

皆様こんにちは。Kaien秋葉原の訓練生です。

いよいよ秋も深まってまいりました。皆様もお元気でお過ごしのことと思います。

さて今回はKaienの訓練内容、特にこのブログでもあまり触れられることが少ない午前中の「講座」についてご紹介しようと思います。

午前中の講座には、以下のような内容があります。

・ビジネススキル講座

 電話やメールの対応方法、メモの取り方、作業の優先順位の付け方など、仕事をするうえで必要な基本的な技術を訓練します。Kaien秋葉原では火曜日に行われることが多いです。

・就活講座

 履歴書や志望動機の書き方、就活の予定の立て方など、就職活動で必要なスキルを訓練します。Kaien秋葉原では金曜日に行われることが多いです。

・しゃべり場

 あるテーマに対して訓練生同士で議論します。Kaien秋葉原では月曜日に行われることが多いです。

・ライフスキル講座

 こちらはストレスや感情のコントロール、体調管理など、仕事というよりは日常生活において必要な技術を学びます。Kaien秋葉原では木曜日に行われることが多いです。

・凸凹ゲーム

 ゲームを通じて訓練生の対人スキルを見直し、訓練生同士のコミュニケーションを向上させます。Kaien秋葉原では月曜日に行われることが多いです。

・キャリアプランニング講座

 将来の自分について考え、自分の仕事や人生について大まかな計画を立てていくための講座です。Kaienの各拠点をテレビ会議でつなぎ、第2・第4木曜日に行われます。

・粗大微細運動

 ピッキングや仕分け、書類の封入や開封など、デスクワークでない作業の訓練です。Kaien秋葉原では火曜日に行われることが多いです。

講座終了後正午までや講座参加を希望しない場合は「個人ワーク」になり、PC作業や履歴書作成、過去の講座の復習・確認など、何をするのかを各訓練生がホワイトボードに明示した上で取り組みます。

私はこのうちビジネススキル講座や就活講座など一部の講座にしか基本的に参加していませんが、これら午前中の講座も、午後のオンライン店舗や週替業務(週ごとにテーマが変わる業務体験)に劣らず実践的な内容のものであると感じています。

なお、水曜日は午前中から継続して午後の訓練を行っています。

Toy-en商品のご紹介

皆さんこんにちは。Kaien秋葉原事業所の訓練生です。

いつもToy-enのブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はToy-enで取り扱っている商品のご紹介をさせていただきます。

私がToy-enでの訓練を始めてから2ヵ月ほど経ちますが、その間に検品や出品登録などの各種業務で触れた商品から個人的に気になった商品を2点挙げさせていただきます。

  • ビットコイン投資やってみました! [著]たまきちひろ [監修]大塚雄介

ビットコインのビの字も知らなかった著者が初めてビットコインを知り、買い、成功し、失敗し、そして……といった一喜一憂を漫画形式で綴ったコミックエッセイ。

仮想通貨の基礎知識から、旨味やリスク、これからどうなるかまで解説した一冊です。

これから先は仮想通貨の注目度ももっと上がり、良きにしろ悪しきにしろニュースになる頻度は増えていくのではないでしょうか?

この機会に本書を手に取って仮想通貨の勉強を始めるのも良いかと思います。

  • ゴロゴ板野の源氏物語講義 [著]板野博行

「源氏物語」と言えば誰でも一度は名前を聞いたことのある作品でしょうが、それを全巻読んだという人はかなり少ないのではないでしょうか。私自身もあらすじくらいしか知らず、そもそも全何巻あるのかすら知りませんでした(全54巻だそうです)。

本書は文章での説明だけでなく、要所に漫画形式の説明が挿入されており、とても理解しやすい構成になっています。

登場人物別に章立てされており、誰が誰とどう関わっていたのか、が分かりやすくまとめられています。

参考書としてだけではなく、単純に読み物としても面白いかと思います。

書籍の検品作業では中身にもザっと目を通して、書き込みの有無などをチェックするのですが、たまに気になる内容の本に当たると訓練であることを忘れて、ついつい普通に読んでしまうというようなこともあります(流石に10分以上没頭してしまうほどではありませんが)。

この2冊は私自身がそうしてついつい読んでしまった書籍ということで、おすすめさせていただきます。 お読みいただきありがとうございました。今後ともToy-enをよろしくお願いいたします。

Kaienでの訓練内容について

いつも当ブログを読んで下さいまして、ありがとうございます。

私は2018年12月より就労移行支援施設Kaien秋葉原で訓練を受けている訓練生です。

今回のブログでは、Kaien秋葉原で私自身が受けている訓練のうち、午前中の後半に実施されている、「個人ワーク」の内容について、ご紹介したいと思います。

「個人ワーク」は、各訓練生が自分のために課題を設定し、ひたすらその課題に取り組む時間です。課題の内容は、Excel や Word、PowerPoint やタイピング練習などのパソコンの技能の習得から、就活のための講座など、数多くのものが用意されています。

個人ワークで達成された課題は、「訓練記録シート」というExcelのシートに記録しておくルールになっており、自分が現在までにどれくらいの課題を達成しているかを、自分やスタッフが即座に確認できる仕組みになっています。

私は最近、個人ワークでよく Word の練習問題に取り組んでいます。練習問題の内容は簡単な文章の作成から始まり、その後文字に色をつけたり、文字のフォントを変更したり、文字の表示位置を変更したり、と徐々に高度な内容になっていきます。

私は今まで、 Wordは文章を作成するためのソフトだと思っていて、本ソフトをそのような用途にしか使ったことがありませんでした。ところが、Kaienでの個人ワークの時間にWordの練習問題に取り組んでいくうちに、本ソフトを単に文章を作成するためだけに使用するのがもったいないくらい、本ソフトが非常に多くの機能を備えていることが理解できてきました。例えば、「ドロップキャップ」という機能によって文章の最初の文字だけを大きく目立つ文字にして、読む人の目を引き付けることができますし、文字に立体感をつけたり、立体化した文字の影を表示させることもできます。

私は、Wordの練習問題を解き、Wordの機能を習得するにつれて、見る人を感動させられるような文章を作成できるようになることを楽しみにしています。