「こしょ こしょ あきはばら」カテゴリーアーカイブ

「こしょこしょあきはばら」の訓練で自信を得たこと

私は去年の8月からKaien 秋葉原サテライトで古本オンライン販売業務の「こしょこしょあきはばら」に入り、この4月末で修了となりました。それまでは軽作業を主に行う「Kaienハート」で訓練を行っていました。「こしょこしょあきはばら」には、突然の異動でしたので最初は自信がなかったのですが、作業を進めていく内に自分に自信が持てるようになりました。

「こしょこしょあきはばら」では、一般の古書オンライン店舗と同じく、お客様に本の状態を正確に伝えるとともに、綺麗にして確実にお届けするため、様々な業務があります。それを一つづつ覚えて、身に付けていきます。その中でも、例えば検品登録時に販売価格を決めたり、梱包時に発送中の本の傷みが無い梱包方法を考えたりといった難しい作業もありましたが、メンバーからのアドバイスを受けながら、だんだん時間をかけずに正確に出来るようになりました。

そして今年の1月中旬からは経理業務を任されるようになりました。

経理の仕事は、月末・月初に行う作業と、日々行う作業に大別されます。前者は、毎月の売り上げや出費をまとめてスタッフに数字を確認してもらうことや、翌月の経理作業のための書類を準備する等の月末の作業と、銀行から送られてくる取引明細書を基に会計帳簿に記入し、毎月の会計資料を作成する月初処理があります。

一方、日々の作業としては、注文をいただいたお客様に商品を発送するためのクリックポストの作成、備品や梱包材料、封筒など出費があった時の経費精算書の作成等があります。大学時代にExcelや簿記のことを学んでいた経験が役に立ち、慣れるに従って操作も簡単になり、やり易く感じました。

 このような9ヶ月間の「こしょこしょあきはばら」での訓練は、実際の職場でも活かせることが多く、自分にとっては貴重な経験になったと思います。

「Kaienオンラインショップの訓練で気づいた大切なこと」

皆さん、こんにちは。Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

10日間の大型連休、いかがお過ごしの予定でしょうか。

私が今やっている訓練は「こしょこしょあきはばら」という名称でAmazonに出店している古本のオンラインショップの運営業務です。

訓練内容はまず、いただいた古本をクリーニングします。次にカバー・表紙などに日焼けやキズがないかを調べるとともに、本の大きさ、重さを計るなど、細かく本全体を検品してExcelを利用した「商品マスタ」と呼ばれるデータベースに登録します。その後、検品した本の販売価格を設定し、Amazonに商品登録をし出品します。そうしてお客様から注文が入った本を梱包作業をして発送していきます。

訓練を始めた当初は、各業務の内容・手順を覚えることで手一杯でした。上司や先輩の訓練生から「分からないことがあればその都度聞いてください」と言われるものの、私は短期記憶が弱く、またわからない部分がどこなのかを自分でも理解できていないことがあり、レクチャー担当者や店長・講師らから教えてもらった内容やアドバイスについて、覚えることよりもまず、忘れてしまわないうちにメモすることで必死でした。

特に苦労したのは梱包業務です。私は手先を使う作業が他の人よりも苦手であり、失敗したところを修正しながら完成物にしていくことで覚えていくというやり方も災いし、最初は本を透明のOPPシートに封入する仕方からテープを貼る位置やきれいな貼り方、といった作業に苦戦しました。また梱包した商品が袋の中の隙間で動いて傷ついてしまうことを防ぐために隙間を作らないように袋の余った分をキチンと折りたたみながら梱包していくという作業も課題でした。

こうして書いてみると梱包業務は手先が器用でない人には向かないように思われるかもしれませんが、梱包業務には複数回チェックしてもらう機会があり、不十分なところがあればチェック担当の人がその都度修正個所を教えてくれるため、誰でも梱包を完成させることは十分にできると思います。

訓練を受け始めて3か月が経ちました。その中でも大切だと思うことは、自分の強みと弱みを把握し、それに対してどう向き合えばいいかということを常に意識しながらトライ・アンド・エラーを繰り返して少しずつ修正し、自分の能力の確認と向上につなげていくという事です。このように模擬職場の「こしょこしょあきはばら」での訓練を通して得たものを、今後の就職活動や日常生活に役立てて行きたいと思います。

Kaien こしょこしょでの訓練を通して得られていること

皆様こんにちは。Kaien訓練生です。4月になり春を最も感じられる季節になりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 私は今年の1月後半からKaienで訓練を受けております。簡単に私の経緯を話しますと、子供や学生のころから内気で他の人との関わりが苦手でした。社会人になってもそのため職場で苦労し、転職が多かったため、3年前に病院で診察を受けたところ、広汎性発達障害の診断を受けました。そうした中でKaienの存在を知り、社会人としての必要な訓練を受け、発達障害に理解のある職場での就労を目指して訓練を受けることにしました。

入所した当初は覚えることが多く、かつ集団行動や報連相で人に近づくのが苦手なので、環境に慣れるまでに時間がかかりました。2月ごろからオンライン店舗のこしょこしょに配属されましたが、「ここでうまく皆と働いていけるのだろうか?」と自信がなくネガティブ思考でした。しかし講師や先輩方が「わからないことはどんどん聞いてください。」と優しく言ってくださり、クリーニング、検品登録、出品、梱包、発送といったこしょこしょ業務について必要な事柄をその都度親切に教えていただき、とてもうれしくありがたかったです。そして悩んでいることは担当のキャリアカウンセリングの方に相談ができることも心強かったです。

先輩やスタッフ、講師の方にものを尋ねたりお願いしたりすることが、はじめはなかなか勇気が要りました。でも訓練を重ねるうちに、伝えたいことをメモに書いて言う準備をして、手が空いているタイミングを見計らって、「すみません、よろしいですか?」と声をかけて報連相をしています。まだまだ緊張しますが、回数を重ねるごとに苦手感を克服できている気がしております。また同じ訓練を受けている方たちとの接点も増え、他の人の良い点を見つけられるようになったことも訓練で得た産物だと感じております。

いま私は時間を守って出勤すること、適切に報連相をして他の人と協調しながら働くこと、気持ちの切り替えをして取り組むこと、上手く感情をコントロールすることなど、社会人として必要な人間力を身につけられたのは、間違いなくKaienで訓練を受けたからに他ならないと感じております。こちらの講師、スタッフ、訓練生の方たちには常々感謝しております。そして今受けている訓練を生かして望む職場で働けるよう、ベストを尽くしていきたいと思います。

商品紹介 生活をステップアップするためのとっておきの二冊

皆さんこんにちは、Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

春分の候、日増しに春めいてまいりました。

Kaienの古本オンライン販売店舗「こしょこしょあきはばら」で訓練を始めてから9ヶ月が経過しました。スタッフ・講師、共に励む訓練生の助けもあり、自分の能力や得手不得手を理解し、今では2回目のブログ担当や店長を務めさせていただいております。

その感謝の意味も込めて、こしょこしょあきはばらで出品している書籍の中から皆様にぜひおすすめしたい本を紹介します。

『忘れてしまった高校の物理を復習する本―物理の基本、ここが面白い!』(中経出版/為近 和彦 著)

物理には、この世の中の複雑な現象が数式によってシンプルに記述されてしまう、という魅力がある。(本書カバーより抜粋したものを一部改変)

あえて結論から言いましょう。ありとあらゆる学問の中で、物理ほど生活に身近な学問はありません。故に、物理を知ることで生活に小さな楽しみを発見できるのです。

計算が苦手な方々には数学と同一視されやすく、敬遠されてしまう「物理」という科目。ですが、物理学は数式と並んで「思考・観測・実験・分析から導かれる法則」を重視する学問なのです。

その法則の価値の大きさについて、本書の第一章に記載されています。私としては是非、この第一章だけでも読んでいただきたい!…と思います。

図解やイラストも豊富で大変分かりやすく、きっと続きを読みたくなります。

『相手に伝わる日本語を書く技』(日本経済新聞社/一ノ坪 俊一 著)

私たちは「考えること」と「書くこと」の関係についてもう少し深く考えてみる必要がありそうだ。(本書より抜粋したものを一部改変)

インターネットの普及によるメディア化が急速に進む昨今、数多くのSNS等、自分の思想や主張を誰かに伝える際に「話す」以上に「書く」ことによる発信が身近な手段となっています。そんな今だからこそ読んでいただきたいのがこの書籍です。

目次を開くだけでわかっていただけるかと思います。本書は文章の組み立て方を教えてくれる書籍ではなく、「読み手にとって快適な文章を書くための技術書」です。

本書を読んで、文章を書いてみてください。これまでの文字の羅列から脱却し、活き活きした文章に変身させたい方にお勧めの一冊です。

以上、私が皆さんに紹介したい書籍でした。

こしょこしょでは他にも小説や漫画など、多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文いただければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

オンラインショップの訓練~私の訓練所~

皆様こんにちは。三月になりました。私は去年の今頃はまだ大学生であり、卒業式でとても忙しかったことを思い出します。一年というのは本当にあっという間に過ぎていくんだなと改めて感じています。

私は2018年の9月に就労移行支援事業所Kaien秋葉原サテライトに入所し、訓練を受けています。最初、データ入力業務やビーズの検品といった軽作業を行なっていました。

今年の1月からはこしょこしょのオンライン店舗業務に移動になりました。私はコンビニエンスストアでの経験があったので、作業は簡単だろうと楽観視していました。

しかしいざ業務に加わってみるととても大変でした。多くの人から寄贈された本をオンライン店舗で販売するためにはクリーニング、検品、出品、梱包といった様々な工程を経なければなりませんが、最初は工程ごとに決められている作業手順を覚えるのにとても苦労しました。特に注文を受けてお客様に本を発送するための梱包作業には、行き詰まってしまいました。

私は手先を使う作業が他の人よりも苦手で、最初はテープを貼る位置や封筒を折り曲げる作業にとても苦戦しました。「他の訓練生はスムーズにできるのに何で自分はうまくできないのだろう」と自分を責めたいと思った日もありました。しかし先輩の訓練生の方々が何度も気にかけてくれて、たくさんのアドバイスをいただきました。また練習用の本で人よりもたくさん梱包の練習をしました。他の人は気にせず、自分のペースを守り、一つ一つの作業を丁寧に行うよう心掛けることを意識して業務に取り組み続けた所、本番の梱包作業を任されるようになりました。その時は本当にうれしい気持ちになり、自分の自信につながりました。

Kaienの訓練では、自分の得意・不得意などの特性の理解などに専念できる環境があります。失敗が許され、自分を振り返るためのフィードバックがいただけるこの環境を通して、今後の就活に役立てていきたいと思っています。