「こしょ こしょ あきはばら」カテゴリーアーカイブ

商品紹介~オレたち花のバブル組~

「やられたらやり返す、倍返しだ!!」

皆様こんにちはKaien秋葉原サテライトの訓練生です。

さて冒頭のセリフですが御存知の方も多いのではないでしょうか。そうです当時流行語にもなったTVドラマ「半沢直樹」の主人公半沢直樹が放つ決め台詞です。今回はそんなTVドラマ「半沢直樹」の原作本のひとつを、7年前に放送されたTVドラマを見た自分自身の記憶と比較しながらご紹介させて頂きます。

『オレたち花のバブル組』(文藝春秋、著者:池井戸潤)

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先での執拗ないじめ。四面楚歌の状況で、絶対に負けられない男達の一発逆転はあるのか。

(「BOOK」データベースより)

そもそも「半沢直樹」というTVドラマは、俳優の堺雅人が演じる半沢直樹という一銀行マンが様々な悪の権力者と闘い、最後には力関係を覆すといった流れが基本の爽快逆転ストーリーで、勧善懲悪で描かれているドラマです。

TV離れが始まっていた当時で15%も視聴率が取れれば成功というところを「半沢直樹」は最終回42.2%もの高視聴率を出したという逸話もある程で、大人気だったドラマでもあります。

今回その原作である『オレたち花のバブル組』を読んでみたのですが、TVドラマとの違いとして驚いたのは、「倍返し」のセリフを言っていないという点です。

TVドラマでは毎回一回は「倍返し」のセリフを言っていたと思うのですが、自分の読んだ限り原作では、一度もこのセリフが出てきませんでした。原作のほうがより現実的な書き方をしている印象で、TVドラマは演出の部分を意識した結果、こういった違いが生まれたのかなと思います。

また原作の方が”耐える”シーンが短くなっているように思え、割とあっさりと解決に向かうという印象がありました。その代わり一冊に収まっているストーリーが多く楽しめますし、感情移入しすぎて”耐える”シーンが辛いということもない、程良い塩梅になっていると感じました。

原作を読んでもうひとつ驚いたのは原作再現のこだわりです。半沢直樹には近藤直弼という昔馴染みの同僚がいるのですが、近藤は出向された先でいじめのような行為を受けてしまいます。その時の近藤はそれに対して強く言い返すことができず、どんどんストレスを溜めていってしまいます。そのときストレスが溜まっていく度にTVドラマでは”ボコボコ”という嫌な水中音とともに、黒い水が白い水を覆っていく様な描写がされ、それがやたらと自分の記憶に鮮明に残っていました。

原作では”コールタールに覆われる”という表現で、近藤のストレスが溜まっていく表現が記されていたのを見て、(あぁ、あのシーンはコールタールを表現していたのか。)と合点がいき、同時にそんな細かな部分まで忠実に原作を再現していたんだなと感動しました。

と自分なりに原作とTVドラマを比べてみましたが、違うところと忠実に再現されてるところの両方見つけることができ、またどちらも違う視点で見られるおもしろさがあると感じました。

2020年の4月にはまたTVドラマの続編「半沢直樹2」が放送されるとのことで今から自分も楽しみにしています。よろしければ続編ドラマをご視聴される前の予習として「オレたち花のバブル組」をお手に取ってみては如何でしょうか。

最後にこのブログを読んで下さって大変有難う御座いました!!

こしょこしょでは他にも小説や漫画など、多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文頂ければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDが御座いましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈して頂けますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担致しますので、着払いでの発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡を頂ければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願い致します。

商品紹介~ちょっと癖のある伊坂幸太郎作品2冊~

こんにちは、Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

皆様いかがお過ごしでしょうか。早いもので、もうハロウィンの時季になりましたね。

仮装をして街に出て、イベントに参加される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでちょっと非現実的で、変わった本を二冊紹介したいと思います。いずれも人気作家、伊坂幸太郎の作品です。

『SOSの猿』(中央公論新社、著者:伊坂幸太郎)

引きこもり青年の「悪魔祓い」を頼まれた男と、一瞬にして三百億円の損失を出した株誤発注事故の原因を調査する男。そして、斉天大聖・孫悟空-救いの物語をつくるのは彼ら。(「BOOK」データベースより)

本作は引きこもりの青年、悪魔祓いをする青年、株の誤発注事件と様々な人と事件が絡み合って進んでいくお話です。

自分のしたこと、あるいはしなかったことによって、何か悪いことが起きるんじゃないか?と考えたことがある方もいらっしゃると思います。この話は、そんな惨事が起きてしまっている様々な人達のSOS信号が、あっちこっちへ飛び、まるで西遊記に出てくる筋斗雲(きんとうん)の如く面白い作品です。

モヤモヤっとするのに、何故か爽快でもある世界観に浸ってみるのもいかがでしょうか。

『終末のフール』(集英社、著者:伊坂幸太郎)

八年後に小惑星が衝突し、地球が滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、今や平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。(「BOOK」データベースより)

本作は、「地球に隕石が衝突し滅亡する」と8年前にニュースで発表され、5年が過ぎ、残り3年の中で展開する8つのドラマの短編集となっています。

隕石が落ちて地球が滅ぶのを宣言されている世界で、ニュースになった直後は暴動や自殺が相次いであったけれど、しばらく経つと小康状態になる。自分が死んでしまう日を知っていたら人間はどう生きていくのかを考えさせられる作品です。

これから何があるかわからない人生。後悔のない生き方を見つめ直す良いきっかけになる一冊だと思います。是非、一度手に取ってみられてはどうでしょうか。

こしょこしょでは他にも小説や漫画など、多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文いただければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

こしょこしょの訓練について

皆様、暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

Kaien秋葉原サテライトに所属する訓練生です。私は今年4月に入所してから、古本をアマゾンのオンライン店舗で実際に販売している「こしょこしょ」と呼ばれる部署で訓練を続けて、6か月になりました。4月からクリーニングの作業を開始し、検品、出品、梱包、発送の各作業を習得するにいたるまでの間には、難しく感じたものもありましたが、工夫により、簡単にこなせるようになりました。

一番難しかったのは、出品です。Excelの商品マスタの欄にある情報をアマゾンのサイトに入力して棚入れするのですが、入力する欄を間違えてしまい、スタッフや訓練生を困らせてしまったこともありました。反省点として本の番号をマークすることを行い、出品作業を簡単にこなせるようになりました。そして次第に仕事をするのが楽しみになってきました。

こしょこしょで作業するにあたって楽しみなことが、2つあります。

1つ目は、朝、メールで何冊注文が入っているのか確認することです。毎朝、出勤するとまずアマゾンの注文メールが入っているかどうかチェックします。もしメールが入っていればその日のやる気が上がります。1週間連続で注文が入っているような時はやる気がもっと上がります。

2つ目は、本を大量に仕入れているので好きな本に出会えることです。自分の好きな本を出品し、このブログで紹介することもできます。好きな本を探すのはとても楽しいです。そこが「こしょこしょ」の魅力だと思います。

「こしょこしょ」では、仕事の楽しさを教えてくれます。

今後は就職活動に向けて、面接練習や公務員の勉強を積極的に進める傍ら、引き続き訓練にも力を入れていくつもりです。

これから先、天候や気温の変化も激しくなることが予想されますが、皆様にはくれぐれも体に気をつけてお過ごしください。

オンライン店舗での訓練を通して、私が変わったこと

皆様、暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

Kaien秋葉原サテライトに所属する訓練生です。

私は今年5月に入所してから、古本をオンライン店舗で実際に販売している「こしょこしょ」と呼ばれる部署で訓練を続けて、5か月になりました。

私は「こしょこしょ」で、古本のクリーニング、検品、出品、梱包の各業務から、物品の買い出しまで、幅広く経験を積んできました。最初のうちは作業を覚えることに対して戸惑いを感じましたが、作業内容を手順ごとにメモに書き込むなどして、実際の作業のイメージをつかみやすくできるように努力してきました。現在では、どの作業においても、手順通りかつスムーズに行うことができるようになりました。

また、当初は前職での失敗や責任感が強すぎるあまり、何か失敗を起こすたびに必要以上に自分を責めてしまったり、体験したことのないトラブルに見舞われた際に取り乱してしまうことも多々ありました。しかし、訓練の中でスタッフの方から「何度失敗してもよいのです」と教えられました。このアドバイスの甲斐もあって、自分から必要に応じて他人の助力を得ることを意識するようになってからは、自責の念からくるプレッシャーも次第になくなっていき、感情のコントロールも問題なく出来るようになりました。

「こしょこしょ」は、問題を自分一人で背負ってしまいがちだった私に、他人と協力することの大切さを思い出させてくれる良い機会を与えてくれたと思っています。

今後は就職活動に向けて、面接練習や企業説明会への参加を積極的に進める傍ら、引き続き訓練にも力を入れていくつもりです。

これから先、天候や気温の変化も激しくなることが予想されますが、皆様にはくれぐれも体に気をつけてお過ごしください。

商品紹介~温暖化に関係した書物1冊~

皆様、こんにちは。

Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

連日のように猛暑が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。熱中症に気を付けて水分補給してこの暑さを乗り切りたいものですね。

今回は、こしょこしょあきはばらで出品している中で、私が興味をもった1冊について

紹介させていただきます。

『地球温暖化はどこまで解明されたかー日本の科学者の貢献と今後の展望2006』

(丸善/小池勳夫編)

21世紀最大の課題といわれている地球温暖化の問題について、日本の科学者はどのような研究を行いどのような成果と国際的貢献を行ってきたのか。本書は、「地球はどうなっているのか?」という素朴な疑問に果敢に立ち向かい、人類がこの地球に住み続けるには何が必要かを真剣に考える科学者たちの活躍とその成果を俯瞰的に理解できる一冊である。

(「BOOK」データベースより)

地球温暖化について研究している科学者達が、地球環境の考察、気候変動の研究や今後の課題についてデータを元に詳しく分析し、地球温暖化が人々の生活の影響や農作物の栽培、生育の影響や経済による影響がどのようにもたらされるのか論述しており、異常気象問題にも関連づけて地球の将来を真剣に考える、内容の濃い1冊となっています。

21世紀に入ってから日本だけでなく、世界各地で異常気象とも言える気候変動が起こっています。最近の気象情報を見ていると、日本の季節の節目がだんだんとなくなりつつあります。平成30年に起きた西日本集中豪雨は、梅雨前線の停滞と発達した雨雲が列をなして次々と発生する線状降水帯により雨の降る量が広島、岡山に極端に集中し土砂災害が起き、多数の方が亡くなられたことは記憶に新しいでしょう。

気温もぐんぐんと上がり、連日厳しい暑さが続いており、熱中症になる人の数も増えていっています。海面水温の上昇に伴って、台風も起きており、8月だけですでに3個も台風が発生しています。

地球温暖化の主原因は温室効果ガスによる二酸化炭素の放出といわれていますが、温暖化を少しでも減らすために私たちが出来ることは、自家用車の私用をなるべく避け、電車やバスで移動したり、電化製品をこまめに消し、節電を心掛けるなどです。また買い物にエコバッグを持参することでもレジ袋の原料を燃やすと出る二酸化炭素放出の削減につながります。

気象学と地球温暖化について見つめ直すのに、とても良い一冊となっています。ぜひ、お手に取ってみてください。

こしょこしょでは、他にも小説やエッセイ、漫画など多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文いただければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本.CD.DVDを探しています。

ご不要になりました本.CD.DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願い致します。