「こしょ こしょ あきはばら」カテゴリーアーカイブ

訓練でたいへんだった店舗業務と経理業務を振り返って

私はAmazonを通じて古本のオンライン販売を行っている「こしょこしょあきはばら」で訓練生として、多くの業務をこなしてきました。
その中で特に難しかった店長業務と経理業務について、Kaienでの訓練を終えるにあたって改めて振り返り整理してみたいと思います。

・店長業務
店長の主な仕事は、他の訓練生に毎日いろいろな業務を割り振ることです。また日々の店舗経営が上手くいっているかをチェックし、何か問題などがあれば対応策を考え実行していくことも店長の役割です。「こしょこしょあきはばら」の主な業務は以下の4つです。
・古本のクリーニング
ハケなどを使って本を清掃します。
・検品登録
本のキズ、汚れなどをチェックします。
・Amazonへの出品
検品を済ませた本の販売価格を決め本の状態の説明文を作成、Amazonに出品します。
・梱包と発送
注文の入った本を梱包して発送します。

例えばクリーニングする本が少なかったり、出品する本が多かったりすると、それぞれの業務に割り振る人のバランスを考えなければならないのが大変でした。できるだけ同じ人が連日同じ作業をしないように割り振ったり、メンバー一人ひとりの得意とする業務やまだ不慣れな部分を考えながら作業計画を考ええるのも一苦労でした。

・経理業務
経理業務はこしょこしょあきはばらでのお金の動きを記録するのが主な仕事で、大きく分けて2つあります。
・日々の経理処理
・月末と月初の処理
日々の経理処理には、備品の購入に使ったお金の記録などがあります。月末と月初の処理では、月ごとに各帳簿の入出金や残高が一致しているかどうかの確認や翌月分の帳簿の作成などがあります。業務に必要な備品を買った後などは、Excelの帳簿に記録を付けたり、月次処理でPL(損益計算書)、BS(貸借対照表)に記帳するシステムに慣れるのが大変でした。

店長業務と経理業務は他の業務に比べて多様な内容があり、また正確性や適時性が求められるため、とても大変でした。しかし、訓練を通じて大きな責任の伴う仕事をした経験は自分にとって、2月から実社会で就業するうえで大いにプラスになると思っています。

冬休みを楽しく!おススメの一冊

例年にない暖かい秋から一転して、冷え込む日があります。皆様体調はいかがでしょうか。こしょこしょあきはばらの訓練生です。

 早いもので、今年も年の瀬となり長期休暇を過ごす方も多いかと思います。そこで、休暇を楽しく過ごせる本を紹介したいと思います。

 ミステリー・ファンタジー・ホラー・時代小説など幅広く活躍している作家宮部みゆきの話題作の一つで、趣向を凝らした構成のミステリーです。

『長い長い殺人』(光文社文庫/宮部みゆき)

”轢き逃げは、じつは惨殺事件だった。被害者は森元隆一。事情聴取を始めた刑事は、森元の妻・法子に不審を持つ。夫を轢いた人物はどうなったのか、一度もきこうとしないのだ。隆一には八千万円の生命保険がかけられていた。しかし、受取人の法子には完璧なアリバイが…。刑事の財布、探偵の財布、死者の財布―。“十の財布”が語る事件の裏に、やがて底知れぬ悪意の影が。”(「BOOK」データベースより抜粋)

 この小説では、何と《財布》を擬人化して、なおかつ複数の《財布》から事件の情報を浮き彫りにしていくという手法で読者を飽きさせません。小説の世界にグイグイと引き寄せられ、一気に読み進んでしまいました。話の展開は実にサスペンスという言葉にふさわしいものです。主人公がもの言わぬ《財布》で、それが10個もあり、さらにそれぞれの人間関係が絡み合い、謎が深まっていくのがこの小説のポイントです。そして、最後のどんでん返しに現代社会の病理が生々しく語られております。

この年の瀬に一人でじっくりと腰を据えて、読み耽ってみてはいかがと、紹介させていただきました。

 また私は視聴したことは有りませんが、以前民放局でテレビドラマ化されたようですので、ご存知の方もいらっしゃると思います。現在では、レンタルDVDだけでなくストリーミング再生もありますので、是非見てみたいと思っています。

来年が皆様にとって良い年でありますよう、スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。 

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。 その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

年末年始長期休暇に関して

Kaienオンラインショップをご覧頂きありがとうございます。

Kaienオンラインショップは5店舗あります。各店舗の年末・年始の連休対応は以下の通りとさせて頂きます。

休業期間:2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

(なお、休業期間中の出品停止は行いません)

休業中の各店舗の詳細状況は以下の通りです。

【こしょこしょてんろく】

【年末年始の休業日】

・12月29日(土)~翌年1月3日(木)

◇当期間内にご注文がありましても、商品の発送は翌年1月4日(金)以降となりますので、ご了承ください。

【こしょこしょよこはま】

・年末年始休業期間中も出品しておりますので、ご注文頂けます。

・なお、12/28(金)から1/3(木)の間に頂いた注文は、1/4(金)以降順次出荷致します。ご容赦お願い致します。

【こしょこしょあきはばら】

・年末年始休業期間中も出品しておりますので、ご注文頂けます。

・なお、12/28~1/6の間に頂いた注文は、1/7以降順次出荷致します。ご容赦お願い致します

【KODOMO福 新宿】

休業期間:2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

休業期間中の商品についてのご質問、発送は対応いたしかねますのであらかじめご了承ください。

【Toy-en】

休業期間:2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

なお、12/28(金)~1/3(水)の間に落札して頂いた商品は、1/7(月)以降順次出荷いたしますので、ご了承ください。

訓練について~作業の意図と工夫~

皆様、こんにちは。私はKaien秋葉原サテライトで10月からオンライン店舗の業務に携わっています。

私がこのオンライン店舗の業務で学んだことは「仕事には、“なぜそうするか”の意図と工夫がたくさん存在している」ということです。Kaien秋葉原サテライトのオンライン店舗業務「こしょこしょあきはばら」では、寄付していただいた本やCDをクリーニングし、検品し、Amazon上に出品をします。そしていただいた注文に対し、商品を梱包して発送します。今回は、梱包の作業における意図や工夫について少し話をしてみたいと思います。

例えば、梱包するときに商品を袋に入れる作業があります。その時に、隙間を作らないように袋の余った分をキチンと折りたたむ、という工夫をします。これは、梱包した商品が袋の中の隙間で動いて傷ついてしまうことを防ぐ、という意図があります。もしも、届いた商品に余計な傷がついていたらいい気分はしませんよね?このような意図や工夫は他の作業にもたくさんあります。

私はKaienに入所する前までは、このような細かい意図や工夫を意識することはあまりなかったと思います。しかし、こしょこしょあきはばらでは、このような手順を先輩方に教わったり、発見した工夫を他の訓練生同士で共有しあったりして、日々研鑽に努めています。さらにKaienの外に目を向ければ、仕事上でそれこそおびただしい意図や工夫があることが容易に想像できます。

以前、缶コーヒーのCMで「世界は誰かの仕事で出来ている」というフレーズがありました。こしょこしょあきはばらでも商品を通じて世界を作っている、といえるかもしれません。近い将来、私たちも実社会で就職し新しい世界をつくっていくことを夢見て、本日もオンライン店舗の業務にいそしんでいます。

普段本を読まない私でも好きになった2冊

皆様、こんにちは。Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

災害レベルとまで言われていた猛暑の夏から一点、風が肌寒い季節になってきました。

みなさん、体調は崩されてないですか?

 

さて、私が今回紹介する本は忘却探偵シリーズの2冊です。このシリーズは10冊以上出版されています。著者の西尾維新は文章やセリフの言葉遊びが面白い作家で、本シリーズを含めて多くの作品を執筆しているので、気に入っていただけたら他の作品もオススメです。

 

◎忘却探偵シリーズの第一作目を紹介します。

 

『掟上今日子の備忘録』(講談社/西尾 維新 著, VOFAN イラスト)

 

掟上今日子(おきてがみきょうこ)――またの名を、忘却探偵。

すべてを一日で忘れてしまう彼女は、事件を(ほぼ)即日解決!

あらゆる事件に巻き込まれ、常に犯人として疑われてしまう不遇の青年・

隠館厄介(かくしだてやくすけ)は今日も叫ぶ。

「探偵を呼ばせてください――!!」

スピーディーな展開と、忘却の儚さ。

果たして今日子さんは、事件の概要を忘れてしまう前に解決することができるのか?

(「Book」データベースより抜粋)

 

このシリーズの主人公、掟上今日子はどんな事件も一日以内に解決!最速の探偵!

…ではなく原則一日で解決できる事件しか引き受けないのが彼女の方針なのだ。もちろん予約も受け付けていない。その理由は彼女のキャッチフレーズ「忘却」である。

彼女はその日見聞きしたことなどは次の日には忘れてしまう。

そんな最速?の探偵に依頼をする不遇の青年、隠館厄介。今回も事件に巻き込まれ犯人と疑われる厄介は、身の潔白を証明するため今日子さんに依頼をする。だが悪意のある犯行であることは間違いないが犯人は特定できないという今日子さん。

果たして厄介の潔白は証明されるのか?

読み始めると思わず引き込まれてしまう西尾維新の世界をあなたも味わってみてはいかかですか?

 

◎次は忘却探偵シリーズの第二作目です。

 

『掟上今日子の推薦文』(講談社/西尾 維新 著, VOFAN イラスト)

 

企む芸術家。立ちはだかるは、記憶を持たない名探偵。

美術館で警備員を務める青年・親切守。

彼が警護するエリアには訪れるたび、

決まってある絵の前で立ち止まる白髪の美女がいた。

彼女は掟上今日子。またの名を、忘却探偵。

二人は警備員と観覧客のはずだった。

美術品を巡る、数々の難事件が起こるまでは――。

(「Book」データベースより抜粋)

 

とある美術館の警備員である親切守と今日子さん。親切守はいつも同じ絵の前で立ち止まる今日子さんを見ていた。でも今日に限ってはその絵をスルーしてしまう。なぜ今日だけスルーするのか?彼は気になって今日子さんに話かける。探偵がいるところには事件が付きものなのか?と思うくらい偶然にもこの日、美術館で作品が一つ壊されてしまう。

だがこの本のメインストーリーはこの絵を破壊した犯人探しではない。なぜならすでに親切守は目の前で犯人を見ているから。ではどんな事件の解決を依頼したのか?それは彼が美術館をやめる不可解な理由に関係していたのである。果たして何が起きているのか?

続きは是非読んでみてください!

 

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

 

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。