「こしょ こしょ あきはばら」カテゴリーアーカイブ

私がKaienの訓練で学んだこと

Kaien秋葉原サテライトには「Kaienハート」と「こしょこしょ秋葉原」の2つの部署があり、私は昨年12月「Kaienハート」に所属して訓練を始めました。「Kaienハート」では、チラシの折りや封筒作成など手先を使う作業や勤怠データ入力などパソコンを使う作業も行いました。

私は、手先が不器用できれいに3つ折りができず何度も失敗しました。また、データ入力は1ページを完成するのにも時間が掛かり入力件数は少なかったです。そんな時、講師から「失敗しても大丈夫。成果、結果をだす方法を習得することが模擬職場の訓練です。」と言われて最初から成果をださないといけないという気持ちが少し軽くなりました。それから、データ入力やチラシ折りの練習をしていくうちに正確に多く成果を出すことができました。

 

6月からは、「こしょこしょ秋葉原」に移り訓練を始めました。「こしょこしょ」では、古本を出品するための作業手順が多く、作業を覚えるのに時間が掛かり大変でした。その時も先輩や講師から「分からないことがあれば聞いてください。」と言われ「自分ひとりだけで解決できなくても良いのだ」と思い、安心して作業を進めることができました。また、訓練生同士で報告・連絡・相談をしながら作業を進めることで、みんなで検品・出品・梱包を協力して1冊の本をお客様に届ける模擬職場の訓練ができ、仕事で必要なコミュニケーションや報告・連絡・相談の仕方を身につけることができました。

 

Kaienの訓練をふり返って「Kaienハート」からは、訓練を続ける中で、自分の不得意を知り「どうすれば克服できるか」を考えて、チラシの3つ折りや封筒作成など積極的行い、自信を持って作業を進めることや、「こしょこしょ秋葉原」からは作業のやり方が分からない時、1人で悩まず先輩や講師に相談することで、本のコンディションや価格設定が明確にできて、出品する本の正確な情報をお客様が見てもうために訓練生同士の報告・連絡・相談は必要であると学びました。

 

これまでの「Kaienハート」や「こしょこしょ秋葉原」でのいろいろな作業の経験や学習の成果を12月からの就職先で活かしてしていきたいと思います。

商品紹介~海外のマンガと日本のマンガ~

みなさんこんにちは。Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

紅葉の季節となりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

最近、こしょこしょあきはばらではマンガ本を沢山出品しています。

今回、私は海外のマンガ本と日本のマンガ本を1冊づつ紹介したいと思います。

 

〈海外のマンガ本〉

 

『X-MEN (2) (アメコミ新潮)』(新潮社/マーク・ミラー 著, アダム・キューバート 著, 柳 亨英 翻訳)

 

マグニートー率いるテロ組織が大統領の娘を誘拐した!!監禁場所クロアチアへ救出に乗り込んだX-MENを待っていたものは…。それが単なる序章にすぎなかったことを、彼らはまだ知らなかった。核戦争へ向けた序章であることを…。(本書ブックカバーの一部より抜粋)

 

このマンガはアメリカン・コミックスでお馴染みのヒーロー作品・X-MENシリーズの第2巻です。2003年5月3日に上映された映画『X-MEN2』の原作コミックです。

大統領の娘の救出に失敗したX-MEN一同。それに失望したサイクロップスことスコット・サマーズはX-MENを裏切り、敵軍のマグニートー一味へと入ってしまいます。しかし、マグニートー達が合衆国を滅ぼすことを知ったサイクロップスはX-MENの元へ戻ろうとします。果たして、彼等の運命は…?その続きは本編でのお楽しみです。

X-MENシリーズの第3~6巻、他のX-MENシリーズのマンガもこしょこしょあきはばらで取り扱っています。是非そちらの方もご覧になって下さいね。

 

〈2冊目は日本のマンガです。〉

 

『コードギアス―反逆のルルーシュ (1) (あすかコミックDX)』(角川書店/マジコ! 著, ストーリー原案:大河内 一楼, 谷口 悟朗)

 

神聖ブリタニア帝国に占領された日本。「エリア11」と数字で呼ばれ、自由と権利を奪われたこの国で、一人のブリタニア人の少年が世界を変える力を手に入れた。彼の名は、ルルーシュ。ブリタニアへの復讐のためなら、手段は選ばない。野望を秘めた少年の、孤独な戦いが幕を開ける! (本書ブックカバーより抜粋)

 

このマンガは大人気アニメのコードギアスシリーズ「反逆のルルーシュ」の第1巻です。つい最近、「コードギアス-反逆のルルーシュ」の外伝のマンガも発売されました。

自分の国に母を殺され、妹の身体の自由を奪われた主人公のブリタニア帝国の第11皇子・ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアはある日、彼の命が危機に面した時、謎の少女と1つの契約を結び、素晴らしい能力「ギアス」を手に入れます。そしてルルーシュは子どもの頃からの「ブリタニアをぶっ壊す」という望みを叶えようとし、平和で争いのない世界を作ろうとする物語です。

第2巻では殺人容疑で捕らえられた親友スザクを救出します。第3巻では第二のギアス能力者・マオが現れ、ルルーシュの大切にしてきたものが崩れ始めます。第4巻ではギアスの謎を探っていたルルーシュが母の死の真相を知る第2皇子シュナイゼルと遭遇します。第5巻ではエリア11の総督・ユーフェミアが「行政特区日本」の設立を宣言します。どの巻もクールな戦闘シーンやギアス発動シーンがあり、少し笑える部分もあります。

「コードギアス-反逆のルルーシュ」の第2~5巻、コードギアスの別シリーズのマンガもこしょこしょあきはばらで扱っています。是非こちらの方も合わせてご覧になって下さいね。

 

「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

 

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

 

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

 

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

訓練を通じて感じたこと

秋もたけなわですが、暑さがぶり返すなど今年は気温の変化が大きいですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

私は今年の4月からKaien秋葉原サテライトに所属している訓練生です。

 

半年の訓練を通じて、私が感じたことを訓練の内容も含めて紹介したいと思います。

 

 

私が今やっている訓練は「こしょこしょあきはばら」というオンラインショップの運営です。訓練の内容としては、寄贈された本をクリーニングした後、Excelを用いて本のデータを登録し、Amazonに出品します。注文が入ったら、書籍の大きさや冊数に応じた梱包を行い、お客様のもとへと出荷します。

 

訓練を始めたばかりの頃は、分からないことが多くありましたが、他の人に「どうすればいいのか?」と聞くことができませんでした。しかし訓練を続けるうちに自分から積極的に質問ができるようになりました。実際に店舗運営に関わる中で、責任感が生まれ、積極的に動けるようになったのではないかと思います。

 

訓練の中で一番印象に残っているのは、オンラインショップの店長を任されたことです。店長の主な役割は、業務の初めと終わりにあるミーティングの司会役と、誰がどの業務をやるかを割り振り作業の分担を決めることです。

ミーティングの司会は最初の頃は焦ってしまってよく早口になりましたが、次第に慣れていって落ち着いて話せるようになりました。

業務の割り振りは同じ人が同じ業務ばかりやったり、特定の業務にだけ作業が偏ったりしないように割り振るのが難しかったです。私は臨機応変な対応が苦手なので、日によってバランスよく業務を割り振るのに苦労しました。

ミーティングの司会を通じて早口だったのを意識して直すようになり、業務の割り振りを通じて、ある程度状況に合わせて動けるようになりました。

 

私は訓練を通じて、自分の弱みとそれに対してどう向き合えばいいか、ということが徐々にわかるようになってきました。これからも訓練を通じて成長していきたいと思います。

読書の季節はこれから!新学期にぴったりな人気小説2冊の紹介

こんにちは。「こしょこしょあきはばら」(Amazonのサイト)の訓練生です。
秋の新学期を迎え、学生の方はいかがお過ごしでしょうか?
私はKaienに通い始めて3カ月になります。周りのスタッフのサポートやあたたかい同僚たちのおかげで、日々充実した生活を送れています。叱られたり、フォローし合ったり、もしかしたら学生時代よりも楽しい日々かもしれません。
ところで私はKaienに通う際、秋葉原駅を利用していますが、そこで見る学生は、かなりあか抜けた印象の若者が多いと感じます。(私の持っている学生のイメージと全然違う!)
私の地元では、あんなにお洒落なカバンは見たことありません。でももし私が秋葉原の学校に通っていたら、こんなお洒落学生になっていたのだろうと、想像したり憧れたりします。
そんな「もしもの自分」をかなえてくれるのが読書です。そこで今回は、学生時代をテーマにした本を2冊ご紹介します。

『若おかみは小学生!PART6―花の湯温泉ストーリー―』(講談社/令丈ヒロ子 著、亜沙美 絵)
6年生のおっこは交通事故で両親をなくし、祖母の経営する旅館”春の屋”に引きとられる。そこに住みつくユーレイ少年・ウリ坊や、転校先の同級生でライバル旅館のあととり娘の真月らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の”若おかみ”修業を始めることに。
きびしい修業の日々、失敗の連続……。負けるな、おっこ!コメディ新シリーズ第1話。
(「BOOK」データベースより)

この作品は古典文学の児童向け版などを取り扱っている講談社青い鳥文庫のうちの1冊です。続編もたくさん出版されていて、若おかみシリーズは売り上げが300万部以上を記録する大人気児童向け作品となっています。ちなみにアニメ化や漫画化もされていて、この秋、劇場版のロードショーも始まっています。
両親を失った少女が祖母の旅館を舞台に、そこに住み着いた幽霊と困難を乗り越えていく話で、決して暗い顔を見せない、けなげな主人公の少女が魅力的な作品です。
映画館に行った後は、是非「こしょこしょあきはばら」で既刊を揃えて映画の続きを楽しんでみてはいかがでしょう。

『ただし少女はレベル99』(講談社/汀こるもの 著)
学校で出屋敷市子は「カッパー」と呼ばれている。彼女のまわりではありえないことばかりが起こるからだ。同級生の葛葉芹香が撮った写真に偶然写りこんだ市子は、その写真を消去するようにと芹香に迫る。消し忘れているうち、小さな幸運が次々と市子に舞い込むが、それは凶事を呼び込む幸運の無駄遣いだった……。博学天狗にもふもふ狐、ほかも登場するオカルティックファンタジー。「幸運には限度額がある」ほか、純和風美少女・市子と護法である妖怪たちのシリーズ作品4編を収録!
(「紀伊國屋書店」作品紹介ページより)

この本は、講談社ノベルズの人気推理小説「タナトスシリーズ」(汀こるもの推理小説シリーズ)のスピンオフ外伝的小説です。タナトスシリーズの売りである探偵ものとはガラッと違って、超能力妖怪をテーマとした作品です。主人公である超能力少女出屋敷市子が、妖怪たちを従えていじめや軋轢など人間界のしがらみをふきとばします。
すっきり爽快な読み心地で一話一話が完結した短編オムニバス形式です。そのため、大変手に取りやすい一冊となっています。
また、この小説の続編も「こしょこしょあきはばら」で取り扱っておりますので合わせてご注文いただければと思います。

「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

訓練を通じ、働く大切さを学びたい

ようやく猛暑の季節が去り、秋分の日も近づいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は2018年6月より、カイエン秋葉原サテライトに所属している訓練生です。

 

私の所属しているチーム「こしょこしょあきはばら」では、寄贈していただいた本をアマゾンに出品し、オンラインショップ (Amazon) で販売しています。

具体的には、まず本を「クリーニング」し、次に「検品登録」という作業によって、本に傷などがないかを丁寧に調べ、「商品マスタ」というデータベースに、本のタイトルや著者名、サイズや重さ、劣化の状態などを登録します。その後、本の値段を設定し、アマゾンに「出品」します。本の注文が入りましたら、注文の入った本を「梱包」し、「発送」します。

 

訓練開始から2か月余り経過したところで、私自身が気づいたことについて述べたいと思います。

訓練が始まったばかりの頃は、先輩の訓練生にいろいろとアドバイスをいただきながら、上記の業務を一つ一つこなしていきました。最初は、自分の担当する業務に対して、なぜこのような仕事をする必要があるのか、自分の行っている仕事が全体の中でどのような役割を持っているのか、などといったことがよく理解できず、仕事内容を覚えるのにとても苦労した記憶が残っています。

例えば、検品登録の際、本の縦、横、高さ、重さを測り、商品マスタに登録しますが、最初のうちは何のために本のサイズや重さをデータベースに登録するのか、意味がよくわかりませんでした。

ところが、訓練を重ね、様々な業務をこなすようになるにつれ、一つ一つの仕事の役割やその重要性が理解できるようになっていきました。先ほどの、本のサイズや重さをデータベースに登録する作業については、そのデータに基づいて、出品の際の値段や発送方法が自動的に算出される仕組みが出来上がっていることが分かったのです。最初のうちは、ただマニュアルに従って機械的に仕事をこなしていましたが、全体のつながりを理解できるようになった時には非常に感動したものです。

 

また、オンラインショップの運営という業務を体験することにより、身の回りの物に対する見方も一変しました。

例えば、子供の頃から見ているテレビアニメについてですが、今まではアニメの番組を見ても、せいぜい「面白かった」「つまらなかった」程度の感想しか持ちませんでした。ところが、自分が実際に仕事をするようになると、アニメという一つの作品が出来上がるまでに、誰が、どのような仕事をしているのか、といったことに興味が湧いてきました。そして、たくさんの人たちの努力によって一つのアニメの作品が完成し、アニメを視聴できることの素晴らしさを、改めて実感したのです。

今後は、今まで何気なく使用してきた、自分の身の回りにある物についても、それが出来上がるまでに、どのような仕事が存在しているのか、どのくらいたくさんの人が働いているのか、などといったことに興味を持ち、働くことの大切さ、働いている人を尊重する心を養っていきたいと思っています。