「ガクプロ本部」カテゴリーアーカイブ

訓練を通した発見と学び

皆様こんにちは。Kaien秋葉原サテライト(SL)の訓練生です。

私が昨年の8月にSLの訓練生として入所してから、今月で11ヶ月となります。

初めの2ヶ月間は「Kaienハート」でデータ入力、その後3ヶ月間はプリント作業に従事しました。今年1月下旬からはアマゾンで古本を販売する「オンライン店舗」で訓練しており、最近、店長も経験しました。

今回は訓練を通して分かった自身の「得意・強みの発見」や障害特性に対して現在行っている「改善・対策」、そしてこれまでに学んだ中で「大切だと思った事」について書いてみたいと思います。

〈自身の得意と強み発見〉

①手先が器用

訓練ではハサミやノリなどを使用した封筒作成や商品の梱包など、道具を使った作業などで周囲から高い評価を貰いました。

②視覚理解

私は特性上、視覚での理解率が高く、他人の動作を見ながら、業務内容等の理解をしています。口頭のみの指示だと理解が難しいため、サンプルを見たり実際に作業をやりながら、指示・マニュアルを参考にメモを取り、手順通りに実行すると、作業をスムーズに進める事が出来ました。

〈障害特性に対する改善・対策〉

私の障害特性として曖昧な指示の理解が難しく、また優先順位をつける事と自分の伝えたい内容を上手くまとめる事が不得意で時間もかかります。口頭のみでの指示では理解がずれることもあります。

これらの対策として、要点をメモに書き出し、整理してから話す事と指示された内容が自分の理解と合っているかを確認してから行動する事など心掛けています。

〈これまでに学んだ中で大切な事〉

全体を通して学んだ事は仕事を進めていくためには、周囲の人たちとの共同作業が必要であるということです。その際は自分から発信(報告・連絡・相談)をしなければ、周りと上手に連携が出来ないという事に気付きました、特に「オンライン店舗」では組織で仕事をしていくため、周囲との会話が大事であり、相手の話を聞き、自分の考えを伝える事が以前と比べて、落ち着いて出来るようになってきました。

私はこれらの強みや対策を企業にアピールして、就活を進めていきたいと考えています。

自分の「得意・強み」を活かす、自分に合った仕事を見つけていく事が大切であると思います。

商品紹介~情報化社会の 歴史に関する2冊

こんにちは、Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

とても早い暑さの訪れとなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

こしょこしょあきはばらで出品している本の中で、私が興味を持った情報社会についての

書籍を2冊ご紹介させていただきます。

『サイバー社会の展望-企業・行政・生活者からみた電子コミュニティ』

(1996年刊行 出版・野村総合研究所/編集・サイバー社会基盤研究推進センター、

慶応義塾大学他)

“魅力溢れる電子コミュニティ”を構築していくには、ユーザーの参加を得た「社会実験」が不可欠である。本書では、慶応義塾と野村総研が進める様々な社会実験をふまえ、サイバー社会下における新コンセプトの社会システムやビジネスを展望する。

(「BOOK」データベースより)

本書は20年以上前に出版されたものになりますが、その内容は現在に通じているものも

多く、決して古さを感じさせません。

電子商取引の可能性、インターネットを介した災害ボランティアの結びつき、行政や

企業のあるべきカタチ、発行当時における先進的な情報発信の取り組みといった内容を

主に取り上げており、そのいずれもが2019年の今を生きる私達を取り巻く情報化社会の

“現在”と“未来”を考えるにあたっての大きな“ヒント”と言えるでしょう。

『マルチメディア革命―「夢の王国」が巨大市場を生む』

(1993年刊行 出版・日本経済新聞社/編集・日経産業新聞)

ビジネスからエンターテイメントまで、「未来派機器」が新世紀を切り開く。“夢”開発の現場からホットリポート。(「BOOK」データベースより)

マルチメディアの世界は「謎の黄金の王国」に例えられる。マルチメディア王国へのアプローチとして、コンピューター関連の世界からと、AV機器の世界からとの2つを紹介し、デジタル先進国・米国の現場をレポートする。(「MARC」データベースより)

皆さんは「マルチメディア」という言葉を最近になって考えたりしているでしょうか?

その意味を調べてみると、「文字や音声、動画、静止画などの複数の媒体(メディア)を

コンピューターを使用して表現する技術、またはシステムのこと。」(ASCII.jpデジタル

用語辞典より)と出てきます。

本書では、今日の私たちがスマートフォン、パソコン、ゲーム機などでごく当たり前に

享受している「マルチメディア」の”夜明け”が克明に記されています。

家庭用ゲーム機やカラオケこそ最先端であるという1993年当時の風潮。コンピューターの世界を襲う「小型化の波」。偉大な先駆者たちが遺してきた足跡。新市場を争う企業の動き。躍進を見せていたアメリカの現状。日の目を見ることが無かった時代のあだ花たち・・・。本書に述べられてマルチメディア社会における課題の数々は、どれもが今日にも繋がる点を有していて、1冊目と同様、やはり“現在”と“未来”を考える上での“ヒント”になると思います。この機会に手に取ってみられてはいかがでしょうか。

こしょこしょでは他にも小説や漫画など、多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文いただければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

Kaienの訓練を振り返って

皆さん、こんにちは。Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

すでに夏の気配すら感じられるこのごろですが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私は暑がりでKaienの行き帰りだけで汗をかいてしまい大変です。

 私は昨年の8月からKaienの訓練に参加し、オンライン店舗「こしょこしょあきはばら」チームとして現在まで作業をしてきました。

訓練参加当時は、私自身の特性の部分でチームの方々に迷惑をかけないか、チームに馴染んでいけるだろうか不安でした。実際訓練に参加をしてみると、先輩方も講師の方もとても優しく丁寧に接してくれて、落ち着いて作業をすることができました。

わからないことを都度確認ができるというのは私の安心材料のひとつでした。

前に働いていた職場ではメモを取り切れていないところや自分で理解が追い付いていないことを都度確認をして怒られてしまったことがあり、同僚や先輩と上手く溶け込めなかったことがありました。こしょこしょでは確認しても怒られることはなく、むしろ私が困っていたときに気づいた先輩が丁寧に教えてくださってすごく助かったことを今でも覚えています。

そして気づけば私も教える立場になり、店長・副店長の役職も経験しました。店長業務では各メンバーに仕事を割り振り、自分の仕事もこなし、メンバーの仕事のチェックなども担当するという多岐にわたる業務に取り組みました。

店長業務で特に大変だったのは、業務のいくつかを同時に作業している中でチェック業務や次の業務の指示などが一度に来てしまったときです。管理業務である以上当然のことではあるのですが最初は慌ててしまいました。タスクの割り振りでメンバー毎の得手不得手、習熟度等も加味するというところも少し苦労はしました。

大変なこともありましたが、訓練をしていく中で自分が挑戦してみたいことを発見できたことはとても幸せなことだと感じました。 6月から私も新たな職場で就労することになりました。就労先でもKaienでの訓練を生かして頑張っていきたいとおもいます。

「こしょこしょあきはばら」の訓練で自信を得たこと

私は去年の8月からKaien 秋葉原サテライトで古本オンライン販売業務の「こしょこしょあきはばら」に入り、この4月末で修了となりました。それまでは軽作業を主に行う「Kaienハート」で訓練を行っていました。「こしょこしょあきはばら」には、突然の異動でしたので最初は自信がなかったのですが、作業を進めていく内に自分に自信が持てるようになりました。

「こしょこしょあきはばら」では、一般の古書オンライン店舗と同じく、お客様に本の状態を正確に伝えるとともに、綺麗にして確実にお届けするため、様々な業務があります。それを一つづつ覚えて、身に付けていきます。その中でも、例えば検品登録時に販売価格を決めたり、梱包時に発送中の本の傷みが無い梱包方法を考えたりといった難しい作業もありましたが、メンバーからのアドバイスを受けながら、だんだん時間をかけずに正確に出来るようになりました。

そして今年の1月中旬からは経理業務を任されるようになりました。

経理の仕事は、月末・月初に行う作業と、日々行う作業に大別されます。前者は、毎月の売り上げや出費をまとめてスタッフに数字を確認してもらうことや、翌月の経理作業のための書類を準備する等の月末の作業と、銀行から送られてくる取引明細書を基に会計帳簿に記入し、毎月の会計資料を作成する月初処理があります。

一方、日々の作業としては、注文をいただいたお客様に商品を発送するためのクリックポストの作成、備品や梱包材料、封筒など出費があった時の経費精算書の作成等があります。大学時代にExcelや簿記のことを学んでいた経験が役に立ち、慣れるに従って操作も簡単になり、やり易く感じました。

 このような9ヶ月間の「こしょこしょあきはばら」での訓練は、実際の職場でも活かせることが多く、自分にとっては貴重な経験になったと思います。

「Kaienオンラインショップの訓練で気づいた大切なこと」

皆さん、こんにちは。Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

10日間の大型連休、いかがお過ごしの予定でしょうか。

私が今やっている訓練は「こしょこしょあきはばら」という名称でAmazonに出店している古本のオンラインショップの運営業務です。

訓練内容はまず、いただいた古本をクリーニングします。次にカバー・表紙などに日焼けやキズがないかを調べるとともに、本の大きさ、重さを計るなど、細かく本全体を検品してExcelを利用した「商品マスタ」と呼ばれるデータベースに登録します。その後、検品した本の販売価格を設定し、Amazonに商品登録をし出品します。そうしてお客様から注文が入った本を梱包作業をして発送していきます。

訓練を始めた当初は、各業務の内容・手順を覚えることで手一杯でした。上司や先輩の訓練生から「分からないことがあればその都度聞いてください」と言われるものの、私は短期記憶が弱く、またわからない部分がどこなのかを自分でも理解できていないことがあり、レクチャー担当者や店長・講師らから教えてもらった内容やアドバイスについて、覚えることよりもまず、忘れてしまわないうちにメモすることで必死でした。

特に苦労したのは梱包業務です。私は手先を使う作業が他の人よりも苦手であり、失敗したところを修正しながら完成物にしていくことで覚えていくというやり方も災いし、最初は本を透明のOPPシートに封入する仕方からテープを貼る位置やきれいな貼り方、といった作業に苦戦しました。また梱包した商品が袋の中の隙間で動いて傷ついてしまうことを防ぐために隙間を作らないように袋の余った分をキチンと折りたたみながら梱包していくという作業も課題でした。

こうして書いてみると梱包業務は手先が器用でない人には向かないように思われるかもしれませんが、梱包業務には複数回チェックしてもらう機会があり、不十分なところがあればチェック担当の人がその都度修正個所を教えてくれるため、誰でも梱包を完成させることは十分にできると思います。

訓練を受け始めて3か月が経ちました。その中でも大切だと思うことは、自分の強みと弱みを把握し、それに対してどう向き合えばいいかということを常に意識しながらトライ・アンド・エラーを繰り返して少しずつ修正し、自分の能力の確認と向上につなげていくという事です。このように模擬職場の「こしょこしょあきはばら」での訓練を通して得たものを、今後の就職活動や日常生活に役立てて行きたいと思います。