「こしょ こしょ よこはま」カテゴリーアーカイブ

商品紹介「今月のおすすめ:歴史小説」

4月に近づくにつれ日ごとに暖かくなり、春らしい陽気になってきました。

今月のブログは、歴史小説の書籍を紹介いたします。

・史記 武帝紀(第1~7巻)

北方謙三 著

 匈奴の侵攻に脅かされた前漢の時代。武帝劉徹の寵愛を受ける衛子夫の弟・衛青は、大長公主(先帝の姉)の嫉妬により、屋敷に拉致され、拷問を受けていた。脱出の機会を窺っていた衛青は、仲間の助けを得て、巧みな作戦で八十人の兵をかわし、その場を切り抜けるのだった。後日、屋敷からの脱出を帝に認められた衛青は、軍人として生きる道を与えられる。奴僕として生きてきた男に訪れた千載一遇の機会。匈奴との熾烈な戦いを宿命づけられた男は、時代に新たな風を起こす。

 商品ページはこちらです。

・水滸伝(第1~19巻)

 北方謙三 著

 北宋末、中国。砂塵をまいて、泥河をこえて、英雄たちが奔る! 原典を読み込み大胆に再構築、中国古典英雄譚に新たな生命を吹き込んだ、21世紀に蘇る決定版!

 商品ページはこちらです。

・楽毅(第1~4巻)

 宮城谷昌光 著

 古代中国の戦国期、中山国宰相の嫡子として生まれた楽毅は栄華を誇る大国・斉の都で「人が生きるとはどういうことか」と己に問いきかせながら、祖国を冒険する青年の成長物語。中国の歴史に興味がある方にはオススメの小説です。

 商品ページはこちらです。

・三国志(第1~7巻)

 吉川英治 著

 日本では卑弥呼が邪馬台国を統治する頃、中国は後漢も霊帝の代、政治の腐爛は黄巾賊を各地にはびこらせ、民衆は喘ぎ苦しむ時代。そんな荒れ狂う時代に、楼桑村の一青年劉備は、同志関羽・張飛と桃園に義盟を結び、害賊を討ち、世を救う物語。三国志が好きな方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 商品ページはこちらです。

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い致します。

それでは、次回の商品紹介でお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品紹介「発達障害に関する書籍」

2月が終わり、外がだんだんと温かくなってきました。私の家の近所には桜の並木があるのですが、少しずつ膨らみ始めた花のつぼみに春の予感を覚えずにはいられません。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

今回も恒例の商品紹介になります。

今月は福祉関連の書籍の取り扱いが目立ったので「発達障害」がテーマです。発達障害者には文章理解が苦手な方も多いので、関連書籍の中でも特に読みやすそうなものを以下にチョイスさせていただきました。

15歳のコーヒー屋さん:岩野 響(著)

エッセイ。自閉症スペクトラムの診断を受けた15歳の著者が、周りのサポートを受けつつ自分のできること、できないことを模索しながら、徐々に自らの生き方を見出していく様子がご両親の俯瞰目線のインタビューを交えつつ描かれています。文章が簡潔かつ小刻みに見出しがつけられているので、文章理解が苦手な方でも読みやすくなっているかと思います。

(商品ページはこちら)

めざせ!ポジティブADHD:あーさ(著,イラスト), 山下 裕史朗 / 水間 宗幸(監修)

漫画形式の解説本。重く難解になりがちなこの手の解説本をあえてギャグマンガ形式で描くことで、文章理解が苦手な人にも面白く、分かりやすく読み解けるようになっています。ADHDの人が陥りがちなケースと、それについての具体的な対処法が簡潔に解説されているので、これからADHDについて理解を深めたいという方への導入本としてオススメです。

(商品ページはこちら)

マンガでわかる 私って、ADHD!?:司馬 理英子(著),しおざき忍(イラスト)

漫画ベースの解説本。ADHDの方が仕事と生活を両立させる上で直面しがちな困りごとと対処法を紹介する「大人の発達障害」にフォーカスした書籍です。ストーリー形式で順を追って話が展開するためとても読み進めやすく、また各話の最後に詳しく解説が載っているので、障害との付き合い方についてしっかりと理解を深めることができます。

(商品ページはこちら)

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い申し上げます。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品紹介「話し方の本」

ひと雨ごとに春めいてきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。春に新天地へ旅立つ方は、心が弾んでいるかもしれませんね。

さて、今回は新しい職場や学級でも役に立つ話し方に関する本を選んでみました。今月は以下の商品をご紹介させていただきます。

高島秀武のしゃべり上手で差をつけろ ~高島 秀武 (著)~

 高島秀武は、神奈川県横須賀市出身のラジオ番組のパーソナリティーです。この本は、様々なエピソードを交えながら、面白くてタメになる「話のコツとヒント」を51編で伝えています。

 小さなことの積み重ねが「しゃべり上手」の第一歩。何を積み重ねれば良いかのヒントはこの本の中に書いてあり、「しゃべりの基本は観察眼」「おしゃべりもスマイル同様タダである」というフレーズが目に留まります。詳しい内容を知りたい方は、ぜひこの本を手に取ってみてください。

 商品ページはこちらです。

[図解]いつでも、どこでも、誰とでも、会話が盛り上がる人の話し方 ~野口 敏(著)~

 最初に紹介した本とは異なり、こちらはイラスト付きで会話術の具体的なアドバイスが載っています。

 「初対面の人と何を話していいか分からない」「雑談をするのが苦手」「沈黙が怖い」「好きな異性だと緊張してしゃべれない」「家族と会話がない」など、コミュニケーションで何か悩みはありませんか。この本では、口下手でもすぐに効果が現れる会話術を伝授!!どんな人とも自由に楽しく会話ができるようになります。この本を参考に人間関係の世界を広げてみませんか。

 商品ページはこちらです。

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い致します。

それでは、次回の商品紹介でお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品紹介「旅の本」

 2月4日は立春。北陸地方ではこの日に春一番が吹きました。この冬は暖冬傾向かもしれませんね。

 そこで今回はポカポカ陽気を先取り!!春の旅行計画を立てるにはぴったりの本を選んでみました。今月は以下の商品をご紹介させていただきます。

私鉄・バス乗り放題きっぷで行く週末ぶらり鉄道旅 ~小林 克巳 (著)~

 JR以外にも、私鉄やバスの「乗り放題パス」を利用すれば気軽に安く旅行ができます。その都度きっぷを買うよりも、20~50%もお得!!ワンコイン(500円)で購入できるパスも紹介しています。

 この本でおすすめしたいのは「再発見の旅」。東京だけではなく、箱根、日光、伊豆、富士五湖などの有名観光地で気ままに途中下車をして、そこの魅力を再発見してみてはいかがでしょうか。

 商品ページはこちらです。

■大人のクルマ旅 青森/秋田/岩手 ~株式会社 八重洲出版(発行)~

 電車やバスの旅もいいですが、地方へ行くにはやはり車が便利ですね。そこで、北東北を紹介する一冊を取り上げてみました。カラーの写真が多い雑誌で、現地の宿泊ガイドや名湯・秘湯、グルメ情報が満載です。自然と目を引くのはルートプラン付きの「絶景案内」。北東北の美しい景色に魅かれます。

 なお、この本は道の駅や立ち寄り湯の情報も載っている特大のロードマップ付きです。

商品ページはこちらです。

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い致します。

それでは、次回の商品紹介でお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品紹介「日本史に関する書籍」

新年を迎えてはや1ヵ月が過ぎました。寒い日が続きますが、体調の方はいかがでしょうか。どうかインフルエンザにかからぬよう体調管理を万全にしていただきたいと思います。

それでは毎度恒例の商品紹介です。今月は以下の商品を紹介させて頂きます。

今回のテーマは「日本史に関する書籍」です。

■よみがえる日本の城 (17) (歴史群像シリーズ) 

株式会社学習研究社 (著)

 

歴史群像シリーズのノウハウを活かし、日本各地の名城をイラスト・CG・模型・古図などを駆使して再現する新シリーズ。単なる城の写真や観光案内では物足りない本当の城ファンのための、再現満載の城ムックの決定版!第17号は南東北の名城を紹介してます。

商品ページはこちら

書き替えられた日本史: 「昭和~平成」でこんなに変わった歴史の教科書 (知的生きかた文庫) 「歴史ミステリー」倶楽部(著)

「いい国つくろう鎌倉幕府」――日本史が苦手だった人も、この語呂合わせは記憶に残っているはず。でも、現在の歴史教科書では、鎌倉幕府の成立は1192年ではなくなっているのです。このように、10年、20年前の歴史の教科書には記述されていた“常識”ともいえる事柄が、現在の教科書では否定され、あるいは名称が変わるなどして、ずいぶん様変わりしているのをご存じですか?
――近年の研究により、いつの間にか書き替えられた日本史の最新情報を、教科書の記述の変化を中心に、現在論争中のホットな話題も交えて、豊富な図版とともにわかりやすく紹介・解説します。

商品ページはこちらです。

織豊政権と江戸幕府の成立 ―安土桃山時代・江戸時代1― 漫画版 日本の歴史(6) (集英社文庫) 

荘司 としお (著), 阿部 高明 (著)

ご承知のとおり戦国末期、日本には3人の英傑が現れます。天下人として君臨することを夢見た武将たち。伝統的な権威を徹底して否定した織田信長、独自の東アジア秩序を構想した豊臣秀吉、将軍家への権力集中をもとに太平の社会作りを目指した徳川家康の3人です。また、鉄砲伝来以降、海外との朱印船貿易を通じ、南蛮文化の吸収が盛んな国際的な時代でもありました。堺や博多の商人は豊かな経済交流を行っていきます。このような時代をいききと描いた漫画版日本の歴史です。

商品ページはこちらです。

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。
興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い申し上げます。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま 連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com