「こしょ こしょ よこはま」カテゴリーアーカイブ

「今月のおすすめ : 福祉に関する本」

今年ももうそろそろ終わりですね。皆さんは今年はどうでしたか?目標通り過ごせたという方もいらっしゃれば、未達成に終わりそうな方もいらっしゃると思います。そこで来年新たに勉強を始めようと思う皆さん、福祉に関する本にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■福祉労働―障害者・保育・教育の総合誌

 2005年発行。

障害者・保育・教育に関して総合的に扱う雑誌です。この号では、特別支援教育に関しての特集が組まれており、特別支援教育の実態について、批判的に取り上げています。また「現場からのレポート」というコーナーもあり、その中で当時進められていた政策を、「障害者の自立と社会支援を配慮せず、財政論に基づいた政策となっている」と批判している記事も書かれています。

商品ページはこちらです。

■社会福祉の国際比較―研究の視点・方法と検証

 2000年発行。

当時社会福祉の国際化とともに必要になってきていた社会福祉の国際比較を、海外の社会福祉事情の紹介にとどまっていた実態を脱し、あくまで社会福祉の国際比較として書かれた本です。

 Ⅲ部構成になっており、第Ⅰ部は社会福祉の国際比較の基本論についてが、第Ⅱ部では、特定の6ヵ国との特定領域にしぼった日本との比較についてが、第Ⅲ部では国際比較の研究のレビューについてが書かれています。

 商品ページはこちらです。

■地域福祉概説 (社会福祉ライブラリー)

 2003年発行。

 当時は地域福祉が様々な観点から注目されていた時代でした。その中で、地域のあらゆる住民の「地域自立生活」を総合的に支援し、それを国や地方自治体とそれらを自主的・批判的に協働する民間や住民の活動によって支援を推進しなければならないという課題があり、その課題をもって執筆されたものです。

 大まかに分けると3部に分かれており、最初の第1章~第3章は地域福祉の現代的意義と背景とそれに基づく理解と見解について、第4章~第6章は地域福祉活動の展開の歴史の点検や評価について、第7章~第10章は、地域福祉推進の現状と課題について書かれてあります。

 商品ページはこちらです。

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い致します。

それでは、次回の商品紹介でお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

年末年始長期休暇に関して

Kaienオンラインショップをご覧頂きありがとうございます。

Kaienオンラインショップは5店舗あります。各店舗の年末・年始の連休対応は以下の通りとさせて頂きます。

休業期間:2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

(なお、休業期間中の出品停止は行いません)

休業中の各店舗の詳細状況は以下の通りです。

【こしょこしょてんろく】

【年末年始の休業日】

・12月29日(土)~翌年1月3日(木)

◇当期間内にご注文がありましても、商品の発送は翌年1月4日(金)以降となりますので、ご了承ください。

【こしょこしょよこはま】

・年末年始休業期間中も出品しておりますので、ご注文頂けます。

・なお、12/28(金)から1/3(木)の間に頂いた注文は、1/4(金)以降順次出荷致します。ご容赦お願い致します。

【こしょこしょあきはばら】

・年末年始休業期間中も出品しておりますので、ご注文頂けます。

・なお、12/28~1/6の間に頂いた注文は、1/7以降順次出荷致します。ご容赦お願い致します

【KODOMO福 新宿】

休業期間:2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

休業期間中の商品についてのご質問、発送は対応いたしかねますのであらかじめご了承ください。

【Toy-en】

休業期間:2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

なお、12/28(金)~1/3(水)の間に落札して頂いた商品は、1/7(月)以降順次出荷いたしますので、ご了承ください。

商品紹介「発達障害を持つご家族のために」

寒気きびしき折柄、皆様いかがお過ごしですか。

今年も残すところ3週間余りとなり、町にはクリスマスツリーのイルミネーションが華やかに彩っております。私は、最近少し体調を崩し風邪気味ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか

それでは毎度恒例の商品紹介です。今月は以下の書籍を紹介させて頂きます。

テーマは発達障害を持つご家族に読んでほしい本です。発達障害を持つ子のために参考になる本を紹介します。

■完全図解 アスペルガー症候群 (健康ライブラリー) 佐々木 正美(著)

アスペルガー症候群を持つ子供のため親が参考になる本です。アスペルガー症候群を障害でなく特性ととらえ個の障がいの治療、付き合い方が分かりやすく解説されています。

乳幼児期、学童期から思春期、成人期まであらゆる時代の行動特徴と支援策がイラストで図解されています。 

リンクはこちらです。

■ADHD―注意欠陥/多動性障害の子への治療と介入 C.キース・コナーズ、ジュリエット・L.ジェット(著)

本書では、幼児から成人までを視野に入れて、ADHDに関する対応策について、概要とポイントを述べています。Chapter 1ではADHDの概要を述べ、Chapter 2では診断とさまざまなアセスメントの方法がまとめてあります。Chapter 3では薬物療法の適用について現状を紹介しているが、アメリカと日本では薬品の商品名が異なる場合があり、日本では認可されていない薬品も含まれています。Chapter 4は本書の中心をなす章であり、心理的介入について、家庭と学校での方法が述べられています。その中心は、最も効果の認められている認知行動的介入です。 

リンクはこちらです。

■発達障害の人の内定ハンドブック―『発達障害の人の就活ノートII』完全版 

石井 京子,池嶋 貫二,佐藤 智恵(著)

発達障害を抱えながら就職活動をするとき、知っておきたい身だしなみのマナーからブラック企業の見分け方まで、内定に必要な就活メソッドが一冊に。さらに、就労移行支援事業所をはじめとした発達障害の人のための就労支援の仕組みも解説。『発達障害の人の就活ノート』がより実践的な内容で生まれ変わりました。 発達障害を持つ大学生の就職活動のためになる情報が充実しております。 

リンクはこちらです。

「こしょこしょよこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い申し上げます。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品紹介「医学関連の書籍」

朝夕冷え込む季節になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。

それでは毎度恒例の商品紹介です。今月は以下の商品を紹介させて頂きます。

今回のテーマは「医学関連の書籍」です。

 

活性酸素の話―病気や老化とどうかかわるか 著書:永田 親義

肌のシミからガンの原因としてまで話題になっている活性酸素ですが、その割には正しく理解されていないようです。

「活性」とは何か、フリーラジカルとは何なのか?体内でどのように生成されるのか?なぜ老化やガン、糖尿病、アルツハイマー病からその他、若い人の美容と健康にまでかかわるのか、専門用語をなるべく使わず誰でも親しみやすい対話形式で語り、しかも、活性酸素の作用の本質がしっかり書籍です。

 

商品ページはこちらです。

 

ブラック・ジャック 作者:手塚治虫 [少年チャンピョン・コミックス]

無免許ではあるものの、唯一無二の神業ともいえるテクニックにより世界中に名を知られる、天才外科医ブラック・ジャックを主人公に、「医療と生命」をテーマにそれぞれ据えた医療漫画です。

 

商品ページはこちらです。1~22巻のセット販売になります。

 

Bスポットの発見ー現代医学が取り残した「難病」の震源地 (カッパ・サイエンス) 著者: 堀口 申作

Bスポットとは上咽頭(鼻の奥)

Bスポットは様々な症状の病巣といわれており、Bスポット療法により炎症を抑えることで治すことができた、という事例が多くあります。

(Bスポット療法とは上咽頭に塩化亜鉛溶液を直接塗布する治療法)

 

そのBスポット療法のバイブルとなるのが、本書になります。

 

商品ページはこちらです。

 

 

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。
興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

今後とも「こしょこしょ よこはま」をよろしくお願い申し上げます。

 

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品紹介 「今月のおすすめ:村上春樹の代表作品」

11月に入って、秋も終わりに近づいてきました。もうすぐ冬が訪れる時期となり、2018年も残りわずかとなっていきましたね。読書の秋が終わりになりそうですが、秋の夜長を過ごすのに村上春樹の作品を読んでみてはいかがでしょうか。

 

ノルウェイの森・上 村上春樹 [講談社]

1987年発行。2部構成の長編作品で、当商品は上巻です。

主人公の『僕』(ワタナベトオル)は、楽曲『ノルウェイの森』を聴き、過去の出来事を回想していた。高校時代の親友の自殺、親友の幼馴染で『僕』と恋愛関係になった女性の休学、さらには別の女性との付き合いや学生寮の上級生とのガールハントなど、身の回りの人間の生死や恋愛模様を目の当たりにしていった。この経験から文筆業になるまで、『僕』は公平さを重んじるという理想と社会に生きる術の食い違いを悟っていく。

人間の恋愛模様の複雑さ、人間の個人の理想と社会の現実のギャップを描いた作品です。人間の弱さと感情の複雑さという重いテーマでつづられているので、人間について関心のある人にはお分かりいただけるでしょう。

 

文章の引用元

・「【書評】村上春樹 “ノルウェイの森”」

https://wondertrip.jp/book/96506.html

・Wikipedia 「ノルウェイの森」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%A3%AE

1Q84 BOOK 1 村上春樹 [新潮社]

2009年5月発行。村上春樹の作品で代表格とされているものです。2010年4月まで全3巻が発行されたうちの1作目です。発行年である2009年に、年間ベストセラー1位を獲得し、一世を風靡したほどの話題作となりました。

1984年、主人公の青豆と天吾は別の世界の『1Q84』の世界へ行くことになってしまう。2人は両想いだったが10歳の頃離れて以来、一度も会っていない。青豆はある人物に出会い、女性を苦しめる男の連続殺人を行うようになる。天吾は小説を書いて売れるようになったが、小説で書いたことが1Q84の世界で実現するということを知る。それぞれの1Q84の世界で起きた奇妙な出来事に戸惑う2人。2人は正気を取り戻し、元の世界に戻れるのだろうか。

村上春樹が倫理観を離れた人間の境遇をもとに書いたミステリーです。

 

文章の引用元

・Wikipedia 「1Q84」

https://ja.wikipedia.org/wiki/1Q84

・「田原総一朗公式サイト 村上春樹の『1Q84』を読んで」

http://taharasoichiro.com/cms/2009/08/19/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9%E3%81%AE%E3%80%8C1%EF%BD%9184%E3%80%8D%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7/

 

騎士団長殺し:第1部 顕れるイデア編 村上春樹 [新潮社]

2017年発行。「騎士団長殺し」は『第1部:顕れるイデア編』、『遷ろうメタファー編』の2部構成の作品です。2018年11月現在、村上春樹の長編作品では最新作となります。

妻との離婚話で家を離れ、知人の伝手で絵画を描くことになった主人公は、アトリエの屋根裏で『騎士団長殺し』という日本画を偶然目にする。さらに、主人公はアトリエ裏を探っていくうちにイデアという不可思議な存在と出会う。イデアとの出会いにより、主人公は数々の奇妙な現象に遭遇していくこととなる。

この作品には哲学用語やヨーロッパにおける世俗に関連するものがぎっしり詰まっており、日本人に限らず、ヨーロッパの文化に親しみのある人なら誰でも楽しめると思います。

 

文章の引用元

・Wikipedia 「騎士団長殺し」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3%E9%95%B7%E6%AE%BA%E3%81%97

・村上春樹が騎士団長殺しで企んだこと

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51168

 

村上春樹の作品において、その作品に沿った文化・風俗が随所に見られるようになっています。純粋に作品そのものを楽しめるほか、文化が全部でいくつあるか探してみてはいかがでしょうか。ぜひ、村上春樹の作品に触れ、文学の面白さを感じ取ってみてください。

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。
興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

今後とも「こしょこしょ よこはま」をよろしくお願い申し上げます。

 

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com