月別アーカイブ: 2016年7月

商品紹介

7月ももうすぐ終わりですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。こしょこしょよこはまです。

 

この記事を書いているのは7月26日といまだに梅雨明け宣言が出ていないのですが、果たしてこの記事が出る頃には明けているのでしょうか。

明けたら明けたで暑さとの戦いもいよいよ本番となるかと思いますが、体調管理、特に水分補給には気を配ってくださいね。

 

 

さて、毎度おなじみ商品紹介です。

今回は小説のセットを二点挙げさせていただきます。

 

『下天は夢か』 1~4巻  著者:津本 陽

販売ページはこちら

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり」

敦盛、という舞の一節を基にしたタイトルなのでピンとくる方もいるでしょう。

織田信長の生涯のうち、桶狭間の戦い~本能寺の変を描いた歴史小説です。

日本経済新聞で連載され、1989年のベストセラー作品にもなりました。

数ある偉人の中でも異彩を放つ信長の半生は読みごたえ抜群です。

 

『男たちの大和』 上・下  著者:辺見 じゅん

販売ページはこちら

2005年に映画化されたのを覚えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

主に水兵や下士官の視点から戦争を描いた作品で、市民から見た戦争、国家から見た戦争とはまた違った一面を見られる小説です。

終戦から約70年、あの戦争を経験した人々が少しずつ減っていく中、当時のことを知る一つの手段としてお読みになられてはいかがでしょうか。

 

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVDを販売しております。

上記のような小説はもちろん、絵本や精神障害系の専門書籍等、2000件ほどを販売中です。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

また、ご不要になられました書籍・CD・DVDの寄贈も受け付けております。

こちらもよろしければお願いいたします。

 

 

それでは、次の記事でお会いいたしましょう。

 

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

はじめてのブログ案

こんにちは。私はこれまで何度かオンライン店舗に参加した事があり、検品などは何度か経験済でした。

ブログを書くのは、簡単と思っていたのですが、何を書くかに困ってしまい、このような中身の薄いブログになってしまいました。

KODOMO福 新宿~新業務!!~

こんにちは、KODOMO福 新宿です。
今年の暑さは例年以上に感じます。皆さま、お元気ですか。
そんな暑い毎日に負けずKODOMO福 新宿では訓練生一丸となって業務に励んでおります。

今回は6月から始まった新業務「ガクプロ業務」についてご紹介させて頂きます。

ガクプロ業務とは、KODOMO福の業務から一部を切り出してガクプロ参加の学生に委託し、その結果を評価するというものです。

ガクプロ生には店長、検品、商品説明文、サイズ計測、写真撮影、ブログ作成の6つの作業を依頼しています。

業務を依頼する際には「連絡票」というシートを作成して指示を行います。ガクプロ生に対する振り返りに関しては「評価シート」を作成して行っております。我々はこの2枚のシートと「依頼メール」でやり取りしています。

ガクプロ生には直接の指導などはせずに、紙媒体のマニュアルを読み作業をして頂いています。また、紙媒体のマニュアルはKODOMO福 新宿の訓練生が作成しています。

6月から「ガクプロ業務」を開始して二ヶ月ほど経ちました。振り返って見てガクプロ生は検品の作業が早いです。人によっては10分程度で終わらせてしまいます。我々、KODOMO福 新宿の作業について考えさせられる機会がありました。

その反面で商品説明文やブログなどの業務に関しては苦労している様子が伺えます。
ブログに関しては、掲載を見送らせて頂く事もありました。

しかし、ガクプロ生によっては「ガクプロにおいてKODOMO福 新宿の業務を行って社会に役立つことを学べることを伝えたい」という理由でブログを作成して下さった方もいて「ガクプロ業務」を担当して感動した事もありました。

ガクプロ生が作成したブログはこちらです。ぜひご覧下さい。

ガクプロ業務の経験から感じたことは、ガクプロ生とは実際に会う事なく業務を依頼し評価するので、文字だけでは上手く伝わらず悩む事が多々ありコミュニケーションの難しさを改めて感じました。

コミュニケーションについての悩みは誰にでもあると思います。今回の経験を活かし、発達障害だからと逃げ出さずに、しっかりと向き合い就職活動に励んで行きたいと思います。

皆さま夏風邪などひかれませんよう、お気をつけ下さい。

今後ともKODOMO福 新宿をよろしくお願い致します。

仲間との絆と友情を描いた二作

こんにちは。「こしょこしょあきはばら」の訓練生です。

訓練が始まってから半年になります。最初はできないことがたくさんありましたが、今は徐々に慣れてきたので、だんだん仕事がはかどってきました。これからはCDやDVDも出品していきたいと思います。

 

鋼の錬金術師

荒川弘(著)

テレビアニメ版を見てから、原作コミックスのまとめ買いをしました。人気のマンガはご長寿になっていつまでも終わらないものが多いようですが、こんなに人気のあった作品がきちんと終わってくれることが嬉しいです。作者の良識を感じます。大人になってからコミックスを購入したのは初めてでしたが、カバーの下にもおまけ的な楽しみがあったりしてとても楽しめました。

(※amazon本紹介文より引用)

 

PLUTO

浦沢 直樹(著)

手塚治虫のアトムの「地球最大のロボット」のリメイクということですが、単なる焼き直しではなく、いろんな要素がつまっており、とても興味ぶかい内容になっていながら、

ほろりとくる読後感の、とても気持ちの良い作品でした。

(※amazon本紹介文より引用)

 

この2つの作品は主人公が仲間との絆と友情を描く作品になっています。また、人間関係の深まりを表す作品になっています。是非、読んで頂きたいと思います。

 

「こしょこしょ あきはばら」の詳細につきましては、こちらをご覧ください。

 

以上、「こしょこしょ あきはばら」からのお知らせでした。

 

ガクプロのオンライン店舗の作業の感想

ガクプロで行われている、オンライン店舗で行ったことについて紹介します。

私がこれまでオンライン店舗で行ったことは二つあります。

一つは、検品と呼ばれる商品を外見で欠損がないか確認する作業です。

この作業は商品の細部の傷や汚れなどの多くの項目を確認するので、実際の店における商品の質を保持することの重要性を身にしみて学ぶことができます。

もう一つは、サイズ計測と呼ばれる商品の寸法や重量を計測する作業です。

商品を郵送する際には、封筒の大きさや重量によって郵送条件や料金が異なるので、商品を計測することは大切であることが分かります。