月別アーカイブ: 2016年8月

健康・医学関係の書籍紹介

こしょこしょ よこはまです。

8月も終わりとなり、秋も近づきつつあります。皆様いかがお過ごしでしょうか。

当店舗は、健康・医学関係の書籍も販売しております。この記事では、健康・医学関係の書籍をそれぞれ1冊ずつ紹介させていただきます。1冊目は、幅広い層の方に気軽に読んでいただける書籍、2冊目は、専門的な内容を含む書籍の紹介です。

・「病気知らずの食べ方があった 体験の食事革命 あなたの体はみるみる若返る(マイ・ブック)」

販売ページはこちら

病気知らずになるための方法、老化を防いだり頭をよくする食事法、健康にいい目的別メニューの紹介など、興味深い内容が豊富です。また、それほど難しい内容ではなく、体の仕組みや栄養素の働きの説明から健康な食生活を実践するための方法まで書かれているので、気軽に読むことができます。食事次第でここまで健康にも病気にもなることが分かるので驚きです。

虫歯にならない方法は何か、果たしてどんな食事が頭を悪くするのか、どの食品にどの栄養素が含まれているか、美しくなる方法とは何か、がんにならないための食事法とは何か、…と皆様も知りたいことが書かれていると思います。

子供から高齢者まで、役立つ内容が多いので、おすすめしたい書籍です。

・「病名別・症状別にみる医学ケア(保育者・教師のための障害児医学ケア相談事典)」

販売ページはこちら

障害児医学ケア相談事典の第1巻です。病気や障害の症状・原因、治療方法や対応方法、そして症状に関するQ&A形式の説明など、分かりやすく丁寧に書かれているように思います。

 専門用語もあり、やや難しいところもありますが、一般の方も理解できる内容も多いです。

 病気や障害をもつ方と接するときに知っているとよい内容が豊富です。病気や障害について知りたいときや対応方法について悩んだとき、頼りになる事典だと思います。

今回の記事の内容がお役に立てれば幸いです。

今後とも、こしょこしょ よこはまをよろしくお願いいたします。

次の記事でお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

挨拶ってむずかしいですね。

台風が過ぎ去り今年の夏もそろそろ終わりを迎えようとしていますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。Toy-en所属の訓練生です。

私は挨拶が苦手です。というか声が出なくてほとんど聞き取れないほどの大きさの時があります。これを自身で「精神的な吃音(きつおん)」と呼んでいます。頭が真っ白になるのとは違って、言いたいことはあるのに声が出ない、そういった状況です。たとえばこのような具合です。

訓練所に入る。ドアを開ける。スタッフさんがいる。目が合う。まだ遠いから挨拶できない。5~6歩、歩く。今だというときに 「おはようございます。」

聞こえない声だったと思いもう一度「お、おはようございます。」・・・。

三島由紀夫さんの『金閣寺』で吃音について次のような一節があります。(吃音は)「いうまでもなく、私と外界(がいかい)とのあいだに一つの障碍(しょうがい)を置いた。最初の音(おん)がうまく出ない。その最初の音が、私の内界と外界との間の扉の鍵のようなものであるのに、鍵がうまくあいたためしがない。一般の人は自由に言葉をあやつることによって内界と外界との間の戸をあけっぱなしにして風とおしをよくしておくことができるのに、私にはそれがどうしてもできない。」

(出典:三島由紀夫、『三島由紀夫集 新潮日本文学45』、新潮社、1983年、P.311)

つまり私と外界(この場合スタッフさん)のコミュニケーションの「鍵」は声なのに、その大事な声が適切な大きさ、トーン、表情(声に表情があるとするならば)を満たさずにうまく気持ちが伝わらない。このようなことがよく起こります。

2週に1度ある、スタッフさんとの面談の時にそのことを伝えると「挨拶を頑張ろう!」ということになり、3回挨拶したら2回くらいはきちんと挨拶できるようになってきました。

Toy-enの訓練はこの様に失敗しながら成長することができる場となっています。

さてToy-enでは様々な商品を出品しております。おもちゃ、ゲーム、本、CD・DVD等様々な商品を用意しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。
またToy-enでは皆様からのご寄贈を訓練生一同、心よりお待ちしております。
それでは皆様、今後ともToy-enをご支援、ご利用くださいますようよろしくお願い致します。記事を最後までご覧下さり有難うございました。

KODOMO福 新宿の経理業務

こんにちは、KODOMO福 新宿です。

暑い毎日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、店舗内において私が担当している「経理業務」についてご紹介したいと思います。

KODOMO福 新宿の経理業務では、経費や消耗品の「出納」、「工数管理」、「財務報告書の作成」「オークションレポートの作成」を主な業務として行っております。

「出納」は商品管理や発送業務で使われる備品、消耗品の購入費や商品発送の送料等を経費として精算し、現金の管理を行います。

「工数管理」は各訓練生が個別に記入する月ごとの工数管理表から各業務に要した時間を分析し、各訓練生の業務能率を向上させる手助けを行います。このような総務が行うような業務も経理担当が行っております。

「財務報告書の作成」は、月ごとのお金の動きを把握するために作成します。毎月初めに前月分の売上金やKODOMO福 新宿における作業時間など円グラフや棒グラフへデータ化し、それを基に前月分との比較などを行います。またKODOMO福 新宿のメンバーへの発表も行います。

「オークションレポートの作成」は3か月ごとに店舗の運営状況を把握するために作成します。四半期ごとに行っているもので、オークションでの売り上げによる収入と必要経費による支出を記録し、作成していきます。こちらも財務報告書と同様、KODOMO福新宿のメンバーへの発表を行います。

私は、経理を担当し始めてからおよそ1か月が経過しましたが、オンライン店舗を運営するにあたって、経理の役割はお客様と店舗側が正確に取引を行う手助けを裏方として行っているという点において、とても重要であると認識しています。経理担当がいなければ、上手に店舗運営ができなくなってしまい、お客様の信頼を損なうなどオンライン店舗としての質が低下していってしまいます。店舗の質を保つために、経理としてできる限りのことはしていきたいと思います。

また、経理業務ではお金を扱うのでより一層責任感を持って業務を行うことを心掛けています。苦労することも多いですが、自分の中での課題や新たな発見を通して日々成長していけたらと思います。

最後に、今年は残暑が長引きそうなので、くれぐれも体調には気を付けてお過ごしください。

今後とも、KODOMO福 新宿をよろしくお願いいたします。

商品の紹介と寄贈のお願い

こんにちは。「こしょこしょあきはばら」の訓練生です。

 

私は6月から訓練が始まり、2カ月がたちました。業務にもだんだん慣れてきました。

 

ここで暦の上ではもう秋なので、商品の中から秋にちなんだ本を紹介します。

 

 

原田宗典

旅の短篇集 秋冬

現実と空想の境界線にある不可思議な物語空間を綴った原田流紀行文。北はノルウェー、南はオーストラリアまで世界をぐるりと回って不可思議な物語を散りばめたショート・ストーリー集。

(※Amazon本紹介文から引用)

 

佐伯秦英

居眠り磐根江戸双紙39 秋思ノ人

人気時代小説家佐伯秦英の代表作のシリーズ「居眠り磐根江戸双紙」の中の一冊です。

 

 

ブログ作成者からのメッセージ

「旅の短篇集秋冬」はひとつひとつの話が短く、現実と空想の間の空間の紀行文のような話なので、普段本を読まない人でも楽しめると思います。

「居眠り磐根江戸双紙39巻 秋思ノ人」は時代小説が好きな人におすすめです。

 

ぜひ読んでみてください

 

ご寄贈のお願い

「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけないでしょうか?

寄贈品の発送にかかる発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたします。着払いで発送をお願い致します。詳細はブログのTOPページをご覧ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

商品紹介

こしょこしょよこはまです。

残暑見舞い申し上げます。残暑と言っても連日30度を超え全く「残」暑ではありませんね。

環境省の熱中症の基準によると気温31度以上は厳重警戒だそうです。熱中症、気を付けましょう。

このような暑さだからこそ涼しい図書館や木陰で本を読むのも一つだと思います。

 

さて、今回も商品紹介をさせていただきます。

今回は小説のセットを二点挙げさせていただきます。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット

著作:J.K.ローリング  (著), J.K.Rowling (原著), 松岡 佑子 (翻訳)

販売ページはこちら

言わずと知れたファンタジーの名作第4弾です。ハリー・ポッターは2007年に第7弾「ハリー・ポッターと死の秘宝」を持ちまして完結していますが、2016年7月31日にアメリカで第8弾と位置付けられている舞台「Harry Potter and the Cursed Child Parts I & II」(ハリー・ポッターと呪われた子供)の脚本が書籍化されました。また、2016年冬に新スピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開されます。

スピンオフの映画化や続編の書籍化にともないハリー・ポッターの世界は再び熱を帯びてくると思います。一読されたことのあるかたはお持ちの本を読み返し、読んだことのないかたは映画の公開を前に前作を読んで見てはいかがでしょうか。

 

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉〈下〉 (文春文庫) 著作:堺屋太一

販売ページはこちら

知っている人は知っている、知らない人は知らない豊臣秀吉天下取りの立役者豊臣秀長を題材とした小説です。作者の堺屋太一さんはかつて大河ドラマ「秀吉」の原作者で、「大河ドラマというのは、歴史上の事実に基づいたドラマを描くべきで、歴史的に分からない部分に関してのみフィクションが許される」と発言されたことでも知られています。時代考証を大事にされていらっしゃる作家さんなので「安土桃山時代はこうだったんだな~」という目線で読んでみると楽しいかもしれません。

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVDを販売しております。

上記のような小説はもちろん、絵本や精神障害系の専門書籍等、2000件ほどを販売中です。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

また、ご不要になられました書籍・CD・DVDの寄贈も受け付けております。

こちらもよろしければお願いいたします。

 

それでは、次の記事でお会いいたしましょう。

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com