月別アーカイブ: 2017年9月

商品紹介

日ごとに涼しさを増していますが、皆様方いかがお過ごしでしょうか。

秋は、読書の秋と言いますが、この由来となったのは古代中国の文人「韓愈」(かんゆ)が「灯火に親しむべし」という詩を読んだと言うのが有力な説だとされています。

そんな読書の秋にオススメな時代小説2セットを紹介します。

 

■あきない世傳(せいでん) 金と銀(時代小説文庫):著 高田郁

※商品ページはこちら

  • こちらは1~3巻までのセット商品になります。

あらすじ:物がさっぱり売れない享保期に、摂津の津門村に学者の子として生を受けた幸。父から、「商は詐なり」と教えられて育ったはずが、享保の大飢饉や家族との別離を経て、齢九つで大坂天満にある呉服商「五鈴屋」に奉公へ出されることになる。慣れない商家で「一生、鍋の底を磨いて過ごす」女衆でありながら、番頭・治兵衛に才を認められ、徐々に商いに心を惹かれていく。

ドラマ化もされた「みをつくし料理帖シリーズ」の作者高田郁の新シリーズ。

 

■夢をまことに(文春文庫):山本 兼一

※商品ページはこちら

  • こちらは上下巻の2巻セット商品になります。

あらすじ:近江国友村の鉄炮鍛冶である一貫斎は村の訴訟に巻き込まれ江戸に出ることになった。太平の世に鉄炮の注文は減り、村は景気が悪く寂れた状況にあった。江戸に出た一貫斎は持ち前の好奇心で交友を広げ、オランダ渡りの新式鉄炮の修繕を依頼される。見事に鉄炮を修繕した一貫斎は独自の工夫によって改良型まで作ってしまう。

実在した鉄砲鍛冶国友一貫斎の生涯をえがいた作品。

映画化もされた「利休にたずねよ」などの代表作で知られる山本兼一の遺作となります。

 

おすすめの商品は以上です。

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVDを販売しております。

上記のような書籍はもちろん、絵本や専門書籍等を中心に販売中です。

興味をお持ちになられた方は、こちら(こしょこしょよこはま店舗)をご覧ください。

また、ご協力頂ける個人・団体様からの寄贈品のご提供もお待ちしております。

宜しくお願い致します。

 

これからも「こしょこしょ よこはま」を宜しくお願い致します。

それでは、次の記事でお会いしましょう。

 

こしょこしょよこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

商品の紹介~「ユートピア」についての二冊

本格的な秋の訪れも間近となってきましたが、皆さんいかがお過ごしですか。

涼しい季節にゆったりと過ごしたいと思うこともあるのではないでしょうか。

今回はそんなあなたに“故きを温ねて新しきを知る”二冊の本をご紹介させて頂きます。

 

ユートピア(トマス・モア 著、平井正穂 訳、岩波文庫)

表題の「ユートピア」とは「どこにも無い」という意味のイギリスの思想家トマス・モア(1478-1535)の造語である。モアが描き出したこの理想国は自由と規律をかねそなえた共和国で、国民は人間の自然な姿を愛し「戦争でえられた名誉ほど不名誉なものはない」と考えている。社会思想史上の第一級の古典であるだけでなく、読物としても十分に面白い」(岩波書店 商品紹介ページより)

 

執筆された1515年当時のイギリスでは教会による「牧場」経営の発展によって農民が職にあぶれて、窃盗者に身を落としてしまうことが社会問題になっていました。

暴君ヘンリー八世による斬首台の処刑が横行していた時代でした。

そのような背景で書かれた本書は、現代からすると清廉潔癖、人民が勤勉に労働にいそしみ、平和を願う真摯な姿が現実離れしているように感じられますが、巻末の解説を読むと、トマス・モアが理想郷の世界を描くことで、何を訴えたかったのかが感じられ、本編の印象が大きく変わります。

SFなどで現代まで数多く書かれているユートピアを取り上げた作品はここから発展していきました。

 

 

 

ハーモニー(伊藤計劃 著、早川書房)

「21世紀後半、〈大災禍(ザ・メイルストロム)〉と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する”ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―― それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰に、ただひとり死んだはすの少女の影を見る―― 『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点」(早川書房 商品紹介ページより)

 

2000年代のSF小説を代表する伊藤計劃は34歳でこの世を去りました。

肺がん治療による病床での執筆で描かれているのは、完璧に生きることを約束された福祉世界で、死を望む少女たちの物語でした。

トマス・モアの「ユートピア」は理想郷そのものを描くことが主体だったのに対して、「ハーモニー」では理想郷に翻弄される人々を描いています。

時代を越えて、人々の生き方や社会思想にも大きな影響を与えてきたユートピアに思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

◆ご寄贈のお願い

「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

 

寄贈品の発送にかかる発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたします。着払いで発送をお願い致します。事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。

 

皆様のご支援、よろしくお願いします。

お勧め秋物商品のご紹介

本日はKaienオンラインショップをご覧いただき誠にありがとうございます。KODOMO福新宿です。

残暑は和らいだものの寒暖の差が激しく、体調管理が難しい日々が続いておりますが、皆様どうぞご自愛ください。

【販売予定商品のご紹介】

KODOMO福新宿では、お手ごろな価格でお求めいただける商品を『ヤフオク!』にて幅広く出品販売しております。この機会にぜひ一度、KODOMO福新宿のご利用の程をよろしくお願いいたします。

今回は、秋物として販売予定の商品より、当店おすすめの商品2点をご紹介します。

 

【グレーのトレーナー】

〇商品説明

ブランド:不明

素材:綿100%

サイズ: 身長90cm 着丈34cm 肩幅31cm 袖丈24cm

おすすめポイント:  微妙な寒暖調整をしたい時に役に立つグレーのトレーナーです。様々な楽器が描かれているお洒落な商品です。

〇開始予定価格: 410円

 

【GapKidsの長袖Tシャツ】

〇商品説明

ブランド:GAPkids

素材:  綿100%

サイズ: 身長120cm

おすすめポイント:女の子向けの白い長袖Tシャツです。ハートのサングラスをかけた猫の柄が施されていて、涼しい秋のおしゃれに最適な品です。

〇開始予定価格:310円

 

今回ご紹介した2点のほかにも、私どもKODOMO福新宿では子供向けの商品を中心にした数多くの商品をご用意しています。

現在季節の変わり目につき、特に秋物商品の販売を大幅強化し、店舗全体で一丸となって作業に取り組んでおります。

ぜひこの機会に一度当店の『ヤフオク!』の店舗ページ(こちら)もご覧いただき、購入をご検討ください。

 

これからも、KODOMO福新宿のご愛顧を末永くよろしくお願いいたします。

 

訓練内容について

西日本を中心に燦々(さんさん)とした夏も野分と共に過ぎ去り、月は巡って芋名月を迎えようとしている此の頃ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

この季節の変わり目、太陽と月の変わり目に、「太陽のような、月のような」という言葉が世の中でひとしお話題になったことも、私はどこか自然に感じます。

さて、申し遅れました。この度8月より週替業務からToy-enに異動になりました者です。

基礎的なレクチャーを終えた現在は、経理およびブログを中心に担当することになりました。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

私がこちらに異動してから早1ヶ月余り、非常に驚きと戸惑いの連続でした。

いったいどうしてなのかというところを紐解きますと、まずToy-enは訓練プログラムの一環ということもあり、お店の規模を大きくすることができません。

また、メンバーも就活が最優先ですので常にメンバー全員が揃っているわけではなく、日によって業務に従事できる人数は変動します。

この性質がどのような影響を業務に与えているかといいますと、

①経理とブログのように全く性質の違う仕事をマルチタスクで受け持つ。

②同じ業務フローに、例えばピッキングとデータ入力という違う動作・動線の作業が混ざる。

といった、小規模で人数にも変動があるため、現状では分業化するよりも「掛け持ちさせる」ことが最適な割り振りなのです。

ネット通販という形ながらも、コンビニ店員のような事を求められると説明すれば良いでしょう。

これに対して異動する前の週替業務プログラムでは基本的に事務作業を中心としており「掛け持ち」はあまり多くありませんし、作業の動線もPC上で完結する事が大半でした。

ですので、私も当初はToy-enを週替業務の延長と発展形と捉え、大変自信もついておりましたので、「事務をバリバリやるぞ」と意気揚々に業務へと入りました。

しかし、実際はうまくいきませんでした。ADHDで、タスクが飛んでしまいやすい私の苦手な「掛け持ち」が沢山ありました。

タスクは飛んでエラーが重なる、優先順位は間違える、時間割り振りが下手etc….

運良くダブルチェックで全て明らかになり、全て他のメンバーによってフォローを頂いたのですが、まったくもって散々でした。

意気揚々から一転し、お先が真っ暗となった私はスタッフに「事務作業だと思ったらコンビニ店員のようだった」と泣きつき、今後を相談いたしました。

相談の際にスタッフの発した「〇▲さんがToy-enに必要ないなんていう事はなく、必要としているんだよ。他のメンバーもそう思っている。」という温かい励ましの言葉が大変有難く、この言葉のおかげで、Toy-enで今の私に出来る範囲の事をしっかりと続けていこうと再決心することができております。

こうして、私は今日まで末席に居させて頂いております。

これから先もタイトな時があるかもしれません。しかし、出来る事を着実にこなし、エラーが出る事が有れば少しづつ対策を加えて自らの成長に繋げることが出来たらよいなという心境です。幸いにも、私はデータと文章なら得意なのではと思えてきましたので、まずは現在担当している業務を「任せとけ」と言える精度まで引き上げたいと思います。

頑張ってまいります。あ、もちろん就活が最優先ですが。

まだまだ知るべきことも多く、私の体験の中で書かせていただきましたが、皆様には訓練の様子、空気感が伝わったことを願います。

 

以上、づらづらと駄文になりましたが、ご一読いただきありがとうございました。

オンライン店舗 商品の紹介

9月になり、夏も終わりを迎えようとしています。本日は、2点の商品を紹介します。
1品目は、『もしかして、うちの子、発達障害かも!?(PHP研究所)』です。Q&A形式で展開され、具体例が書かれていて、入門書としても読めると思います。Kaienに関わっている皆さんにとっても、とても身近な本だと思いました。
2点目は「ハートちゃんストラップ」です。こちらは何かの景品の様です。