月別アーカイブ: 2018年2月

商品の紹介~漢字の読み方の学習と書類整理法の本

皆さんこんにちは、Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

まだまだ寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
こしょこしょあきはばらで出品している本の中で私が気になった本を紹介します。
一冊目は読めそうで読めない漢字が収録されている本、二冊目は書類の整理法に関する本です。

『きっと誰かに教えたくなる読めるようで読めない漢字2500 (一校舎漢字研究会・永岡書店)』

鬣、粽、枳殻、青梗菜、魘される、鼈、山雀、鴻毛…。言葉としては馴染み深いけれど、いざ漢字で書いてあるとなかなか読めない語を、様々な分野から厳選し、常識編・実力編・超難読編の3つの難易度に分けて収録。(Amazon商品説明より)

馴染み深くても、常用漢字以外の漢字を用いたり、常用漢字表に定められた基本的な読み方では読むことのできない言葉があります。私の場合、国語の勉強は苦手ではありませんでしたが、たまに読めない漢字があったりしたことがあります。そんな言葉の中から、日常的に使われているものが厳選して収録されています。

各ページに25問ずつの問題、裏ページに答えと意味が載っていて、とても見やすくなっています。漢字検定レベルは2級~1級です。漢字が苦手な方はもちろん、漢字に興味がある方にもお薦めの一冊です。手に取ってみてはいかがでしょうか。

『「超」整理法〈3〉 (中公新書) (野口 悠紀雄 著・中央公論新社)』

情報が溢れる現在、それを捨てるノウハウの必要性がますます高まっている。本書は、この難問に対して、「バッファー」という斬新な解決策を提案する。これは「とりあえず捨てる」仕組みだ。「超」整理法で溜まった書類を、封筒や「バッファー・ボックス」を用いて徐々に捨ててゆくための具体的な方法を解説する。また、パソコンの検索機能を活用した強力な情報管理法についても述べる。書類洪水に悩む人への福音となるはずだ。(Amazon商品説明より)

必要な書類が見つからない、不要かもしれない書類を捨てられない、という経験はありませんか?私は片付けるのが面倒で、つい書類や資料を溜めてしまったりすることがあります。
この本には、溜まった書類などの情報を「捨てる」ノウハウが載っています。

PCのデスクトップ、ごみ箱になぞらえて「とりあえず置く」「とりあえず捨てる」仕組みで収納していく方法が解説されています。大量の書類を整理したい方や、机の上が散らかってお困りの方へお薦めしたい一冊です。

「こしょこしょ あきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。
ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。
寄贈品の発送料は「こしょこしょ あきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。
その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。

おすすめ商品

就労支援事業所Kaien秋葉原の訓練生です。
いつもKaienオンラインショップのブログをご覧いただきありがとうございます。

Toy-enでは中古の知育玩具、本、雑貨などを取り扱っています。
本日はToy-enの中からおすすめ商品をご紹介させていただきます。

 

■はっけんずかん「のりもの」

学研から発売されました、はっけんずかんシリーズ「のりもの」編です。

男の子におすすめの自動車の図鑑です。

ところどころ扉のついた仕掛け絵本になっています。
まちの乗り物、工事現場のパワーショベル、電車などたくさんの扉がついています。

 

■【玩具】レゴ (LEGO) 基本セット 青いバケツ

こちらは親子で楽しめるレゴブロックです。

基本的なブロックの他、ドアや窓のパーツ、車のパーツ等がついています。

 

 

色々な作品を作ることで想像力がはぐくまれるかと思います。

 

 

■【知育・学習】ポカポカフレンズのおんがくえほん もっきん
(ミキハウスの絵本 ポカポカフレンズのおんがくえほん)

ミキハウスのおんがく絵本です。全15曲のメロディが付いています。
ピカピカガイドもついています。

附属のバチで鍵盤をたたいて遊びます。
鍵盤の音色は①木琴・②鉄琴・③トランペットの3種類の音色で楽しめます。

商品紹介は以上です。

 

Toy-enでは、今回ご紹介させていただいた商品の他にも本や雑貨なども取り扱っています。
興味を持たれた方はぜひ一度サイトに遊びに来てください。
【Toy-en】リンク先
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/akbtoy_en

現在Kaienでは商品を寄贈していただける方を随時募集しております。
ご家庭で不要になりました、玩具、書籍、雑貨などがございましたらこちらまでご一報いただけますと幸いです。 toyen.akb@gmail.com
寄贈していただいた商品はKaienで職業訓練の教材として丁寧に使用させていただいた後、Toy-enから出品をさせて頂いております。

「KODOMO福 新宿におけるこだわり」第5回「商品管理の秘密」

暦の上ではもう春になり、少しずつではありますが暖かい日も多くなってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

KaienオンラインショップKODOMO福 新宿でございます。

我々のオンラインショップでは常にたくさんの商品を出品していますが、お客様の中にはこんなにたくさんの商品を一事業所のどんな場所に、そしてどのように管理をしているのだろうと疑問に思った方がいるのではないのでしょうか?

というわけで、第5回目となりました「KODOMO福 新宿におけるこだわり」ですが、今回は「商品の管理」についてお話しさせていただきます。

商品があるということは、必ずどこかにそれの置き場があるということ。実際に代々木の事業所には商品となる大量の衣服があり、それを入れるコンテナを置くために一部屋使っているほどです。

しかし、それだけたくさんあるとどうやって管理をしているのかと思われる方もいると思います。今回はその「秘密」を教えようと思います。

オークションの商品説明文の最後に数字が書かれていると思いますが、これは「マスター番号」と呼ばれ、商品を識別するための番号のことなのです。

このようにたくさんのコンテナが備え付けられており、貼られた紙に番号が書かれています。

また、商品は一部を除いてマスター番号の順にコンテナに入れてあり、コンテナにも何番から何番までの商品が入れられているのか書かれているため出品やサイズ計測、検品の際もマスター番号がわかればどこにあるかが一目で分かるようになっています。

 

※〇で囲んであるのがマスター番号です。

これがなぜお客様にとってメリットがあるのか、その理由は以下の通りです。

まず、商品を出品する際には必ず実物を手元に置いて出品するようにしていますが、実物がどんなものなのかを出品者が手に取って把握することでお客様にも正しく情報が伝わるようになるからです。

次に、出品の際に添付する写真の撮影や、商品が落札されて発送をする段階に至った際に、商品がどこにあるのかが分からない状態にならないため出品の準備段階で手間取ったり、せっかく落札していただいても発送することができずお客様を長期間待たせたりしてしまうような事態がなくなることが挙げられます。

そして、ちゃんとした場所に商品を管理しておくことで商品が野ざらしにならず劣化や紛失を防ぐことにもつながっています。

商品は「一部を除いて」コンテナに入れてある、と先ほど説明しましたが、その一部というのは帽子や靴、バッグといった種類のものでそれらは種類別に分けられています。また、コートなどの大きな衣類もコンテナに入れずにコンテナにある部屋のハンガーラックにかけて保管してあります。

こちらが実際にハンガーにかかった商品を保管している様子です。

商品を管理する際には、物理的にコンテナに入れるだけでなく商品をデータベースに一つずつ登録をしています。

そのデータベースでは、番号ごとに商品名やサイズ、ブランドに素材、それから梱包及び発送の際に必要となる商品の重量といった一連の情報が記載されています。

そこから商品そのものの状態はもちろん値段や発送方法がわかるようになっており、発送する際にいちいち調べる手間が省けるため落札から発送するまでの時間短縮になります。

この物理的とデータ化、両方の意味での管理がお客様に対しての思いやりとなっております。

 

■次回予告

「季節のおススメ商品紹介」を予定しております。

********************************************************************

当店では、子供向け商品を中心に、紳士向け・婦人向けの商品を、大変お求めやすい値段

で出品しております。是非ご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

☆★KODOMO福 新宿(ヤフオク内)★☆

(https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nj_kodomofuku)

これからもKODOMO福 新宿のご愛顧をよろしくお願いいたします。

本日のおすすめ商品紹介

本日紹介する商品はサンリオのピンク色のマフラーです。黄色の斑点がアクセントとなっております。シュガーバニーズのキャラクターのプリントも特徴的です。非常に可愛らしいデザインで、特に女の子のお子さんがいる方にお勧めです。

 

訓練について~修了にあたっての感想~

こんにちは。「こしょこしょ あきはばら」の訓練生です。

 

暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒い日が続いています。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

私が昨年8月に、ここKaien秋葉原サテライトの「こしょこしょ あきはばら」で訓練を開始してもう半年になります。おかげさまで就業先も決まりこの2月に修了となりました。今回は修了にあたりましてKaienの訓練で勉強になったこと等について書いていこうと思っております。

 

Kaien秋葉原サテライトでは、「こしょこしょ あきはばら」と「Kaienハート」に分かれており、私はオンライン店舗を運営する「こしょこしょ あきはばら」に所属しております。こしょこしょで一番勉強になったと感じたのは、店長業務についてです。

 

こしょこしょでは、役職として店長、副店長、経理等があります。店長業務としては、メンバーにクリーニング、検品、出品、梱包、商品の発送等の担当の割り振りを行い、各担当から報告、連絡、相談を受けながら業務を進めていきます。

 

私は報連相が苦手ということもあり、店長を経験する前は漠然と行っていました。ですが店長を経験して、報連相の重要性がより理解できるようになりました。

 

Kaienでは、ほかにも不規則な生活の改善や自分の障害特性の把握と対策など、これから社会生活を送っていく上で重要な事を数多く学ぶことが出来ました。就業先でもKaienで学んだことを活かしていきたいと思います。