月別アーカイブ: 2018年11月

商品紹介「医学関連の書籍」

朝夕冷え込む季節になりましたが、お元気にお過ごしでしょうか。

それでは毎度恒例の商品紹介です。今月は以下の商品を紹介させて頂きます。

今回のテーマは「医学関連の書籍」です。

 

活性酸素の話―病気や老化とどうかかわるか 著書:永田 親義

肌のシミからガンの原因としてまで話題になっている活性酸素ですが、その割には正しく理解されていないようです。

「活性」とは何か、フリーラジカルとは何なのか?体内でどのように生成されるのか?なぜ老化やガン、糖尿病、アルツハイマー病からその他、若い人の美容と健康にまでかかわるのか、専門用語をなるべく使わず誰でも親しみやすい対話形式で語り、しかも、活性酸素の作用の本質がしっかり書籍です。

 

商品ページはこちらです。

 

ブラック・ジャック 作者:手塚治虫 [少年チャンピョン・コミックス]

無免許ではあるものの、唯一無二の神業ともいえるテクニックにより世界中に名を知られる、天才外科医ブラック・ジャックを主人公に、「医療と生命」をテーマにそれぞれ据えた医療漫画です。

 

商品ページはこちらです。1~22巻のセット販売になります。

 

Bスポットの発見ー現代医学が取り残した「難病」の震源地 (カッパ・サイエンス) 著者: 堀口 申作

Bスポットとは上咽頭(鼻の奥)

Bスポットは様々な症状の病巣といわれており、Bスポット療法により炎症を抑えることで治すことができた、という事例が多くあります。

(Bスポット療法とは上咽頭に塩化亜鉛溶液を直接塗布する治療法)

 

そのBスポット療法のバイブルとなるのが、本書になります。

 

商品ページはこちらです。

 

 

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。
興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

今後とも「こしょこしょ よこはま」をよろしくお願い申し上げます。

 

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

今週のおすすめ商品のご紹介

皆さんこんにちは

 

就労移行支援事業所Kaienの訓練生です。

いつもToy-enのブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、今回のブログではおすすめの商品をご紹介させていただきます。

 

■収納上手にならなくてもいい片づけのルール(成美堂出版)

 

本書では片づけが苦手な方に向けてどうすればきれいな部屋にできるかを

料理家やスタイリスト、人気ブロガーのお宅を拝見しながら

みなさんが部屋をきれいに見せるためのポイントやアイデアを

豊富な写真と一緒にご紹介しています。

 

広い部屋に住むことや収納スペースを作るという観点ではなく

どのお宅も自分にあったルールを決めて片づけがしやすいように

収納場所の配置や物の買い方捨て方を決めています。

 

自分も片づけが大変苦手で気が付くと部屋がもので溢れていて

困っていたのですが、本書を読んでみてものに対する考え方を

見直す良いキッカケになりました。

 

部屋の片づけについて知りたいだけでなくおしゃれな人たちの

部屋を見るだけでも充分楽しめる内容になっていると思います。

興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

商品紹介は以上となります。Toy-enでは、今回紹介させていただいた商品の他に

絵本や知育玩具といった子供向けの商品も数多く取り扱っております。

ご興味をお持ちの方はぜひ商品ページにアクセスしてみてください。

 

【Toy-en商品ページ】

 

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/akbtoy_en

 

現在Kaienでは商品を寄贈していただける方を随時募集しております。

ご家庭で使わなくなった書籍、玩具等ございましたらお気軽にToy-enまで

ご寄贈ください。

 

【Toy-enお問い合わせメールアドレス】

 

toy-en@kaien-t.net

 

皆様のご寄贈を心よりお待ち申し上げております。

業務紹介 梱包・発送

皆様こんにちは。大阪天六事業所の訓練生です。この度は、「こしょこしょてんろく」で本が売れたときに、我々がどういったプロセスを経て本を送り出しているのかについてご紹介します。

 

注文があったときは、本を保管している箱から所定の本を取り出します。そして本を送り出す前に、不備があってはいけませんから最終チェックをします。コンディションや付属品を確認し、我々が商品整理のために取り付けている付箋もわすれずに外しておきます。

 

長旅に備えて、本は水を通さないOPP透明封筒と紙封筒の二重梱包としています。本の大きさにピッタリ合うように、シワや余計な折れ目が付かないように包み込むのは根気の要る作業です。納品書や訓練内容の紹介・古書寄贈のお願いを載せたチラシを同封し、表面に宛名書を貼れば立派な旅装束、梱包の完了です。

 

発送方法は専ら日本郵便のクリックポストというサービスを使っています。これは大きさや重さの制限がありますが、宛名書を自分で作成・印刷でき、ポストに投函すれば郵便屋さんが届けてくれるという便利で手軽なサービスです。落とさないようにポストまでもっていき(といっても歩いて3分くらいで着きますが)、投函するまでが我々の任務です。

 

梱包・発送は何回か行いましたが、そのたびに、本を傷つけないように、梱包に不備がないように、あらゆる点に気を配っています。我々は店舗をスタートして数か月ほどしか経っておらず、出品数が少なく発送の機会も限られていますが、それでも日々実直に、実直に業務を続け、より多くの方に本をお届けできるようになれば幸いです。以上、拙文ではありますが、我々が本の状態を保ち、なるべく良い状態で皆様の手元に着くように地道な努力を続けていることを改めて記し、結びとします。

久しぶりのオンライン店舗での作業で気がついたこと

こんにちは。ガクプロ新宿の訓練生です。

今日、私はオンライン店舗のサイズ計測とブログ案の作業を担当いたしました。

実は、オンライン店舗の作業に参加するのは久しぶりで緊張していましたが、すぐに感覚を思い出して作業を進めることができました。

前回からかなり時間が経ちわかったことがあります。一つは作業をこなすスピードが個人的に早くなったこと、もう一つは前回までと違い、個人的に心に余裕を持って進めることができたことです。

 

なぜかを考えてみたら、一つ心当たりがありました。

前回までの作業後、バイトを始めたことです。

オンライン店舗とバイトは実は似ているところが多いので、以前までと違いスムーズに作業を進めることができたと思います。

前回から間があきましたが、その分自分の成長を感じることができ、嬉しかった。

私がKaienの訓練で学んだこと

Kaien秋葉原サテライトには「Kaienハート」と「こしょこしょ秋葉原」の2つの部署があり、私は昨年12月「Kaienハート」に所属して訓練を始めました。「Kaienハート」では、チラシの折りや封筒作成など手先を使う作業や勤怠データ入力などパソコンを使う作業も行いました。

私は、手先が不器用できれいに3つ折りができず何度も失敗しました。また、データ入力は1ページを完成するのにも時間が掛かり入力件数は少なかったです。そんな時、講師から「失敗しても大丈夫。成果、結果をだす方法を習得することが模擬職場の訓練です。」と言われて最初から成果をださないといけないという気持ちが少し軽くなりました。それから、データ入力やチラシ折りの練習をしていくうちに正確に多く成果を出すことができました。

 

6月からは、「こしょこしょ秋葉原」に移り訓練を始めました。「こしょこしょ」では、古本を出品するための作業手順が多く、作業を覚えるのに時間が掛かり大変でした。その時も先輩や講師から「分からないことがあれば聞いてください。」と言われ「自分ひとりだけで解決できなくても良いのだ」と思い、安心して作業を進めることができました。また、訓練生同士で報告・連絡・相談をしながら作業を進めることで、みんなで検品・出品・梱包を協力して1冊の本をお客様に届ける模擬職場の訓練ができ、仕事で必要なコミュニケーションや報告・連絡・相談の仕方を身につけることができました。

 

Kaienの訓練をふり返って「Kaienハート」からは、訓練を続ける中で、自分の不得意を知り「どうすれば克服できるか」を考えて、チラシの3つ折りや封筒作成など積極的行い、自信を持って作業を進めることや、「こしょこしょ秋葉原」からは作業のやり方が分からない時、1人で悩まず先輩や講師に相談することで、本のコンディションや価格設定が明確にできて、出品する本の正確な情報をお客様が見てもうために訓練生同士の報告・連絡・相談は必要であると学びました。

 

これまでの「Kaienハート」や「こしょこしょ秋葉原」でのいろいろな作業の経験や学習の成果を12月からの就職先で活かしてしていきたいと思います。