おすすめの書籍のご案内

こしょこしょよこはまです

 3月24日は世界結核デーです。ドイツの細菌学者ロベルト・コッホが、1882年3月24日、結核菌の発見を学会で発表したことにちなんで、世界保健機関(WHO)が1997年に制定したとされています。
日本での患者数は減っていますが、今でも世界中で猛威を振るっている病気の一つです。

3月24日は作家:梶井基次郎の命日でもあります。彼もまた肺に結核を患い、31歳の若さで亡くなったのです。
彼の作品は、簡潔な描写ながら詩情豊かな文体で死後に評価が高まり、近代の日本文学でも重要な地位を占めています。毎年3月24日になると、墓がある大阪の常国寺では代表作である「檸檬」にちなんで、彼を偲ぶ「檸檬忌」が行われています。

こしょこしょよこはまでも、「檸檬」を出品しております。興味のある方は当社のサイトをご覧ください。また、ご協力を頂ける団体様からの寄贈品のご提供をお待ちしております。

それでは、次の記事でお会いしましょう。