商品紹介 ~ 師走におすすめしたい2冊

皆さんこんにちは、Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

木枯らしの冷たさが身に染みる、師走の忙しい頃みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

こしょこしょあきはばらで出品している本の中で私が気になった本を紹介します。一冊目は伊坂幸太郎さんの極上エンタメ本、二冊目の内容はがらりと変わって、これからの寒い時期に楽しみたい紅茶の魅力に関する本です。

 

『オー!ファーザー (伊坂 幸太郎 著・新潮文庫)』

一人息子に四人の父親!? 由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれて、高校生が遭遇するは、事件、事件、事件――。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。(Amazon商品紹介)

主人公の由紀夫は、一見普通の高校生。ですが、生まれた時から鷹、葵、悟、勲の4人の個性豊かな父親たちに囲まれる奇妙な生活を送っています。父子のやりとりが非常にユーモラスに描かれています。

父親が四人いるということは、本当に血のつながった関係の父親は一人というわけですが、血のつながりだけではない父子の絆を読み取ることができます。

ぜひ親子で読んでいただき、内容について語り合っていただきたい一冊になっています。

 

『FOOD DICTIONARY 紅茶(エイ出版社)』

食に関する知識と、プロが教える実用的なテクニックを徹底的に詰め込んだシリーズ「FOOD DICTIONARY」は、寿司、日本酒、ウイスキー、コーヒーなど、常に人気の高い食コンテンツをワンテーマで続々刊行。「紅茶」では、ダージリンやアールグレイなど一般的なものからマニアックなものまで、産地、製法、本当に美味しい淹れ方に至るまで徹底解剖していきます。(Amazon商品紹介)

茶の木から収穫された茶葉を原料に使われるものには、日本茶、紅茶のほかウーロン茶などがあり、1日に20億カップ以上が飲まれているといわれます。日本茶は、発酵させない不発酵茶であり、完全に発酵させ香味をもたせたものが紅茶となります。

この本では、紅茶の産地からおいしい紅茶の淹れ方まで触れることができます。クリスマスケーキと一緒に紅茶はいかがですか?この機会に皆さんも手に取ってみてはどうでしょう。

 

「こしょこしょ あきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。
ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。
寄贈品の発送料は「こしょこしょ あきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。
その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。