商品紹介「発達障害を持つご家族のために」

寒気きびしき折柄、皆様いかがお過ごしですか。

今年も残すところ3週間余りとなり、町にはクリスマスツリーのイルミネーションが華やかに彩っております。私は、最近少し体調を崩し風邪気味ですが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか

それでは毎度恒例の商品紹介です。今月は以下の書籍を紹介させて頂きます。

テーマは発達障害を持つご家族に読んでほしい本です。発達障害を持つ子のために参考になる本を紹介します。

■完全図解 アスペルガー症候群 (健康ライブラリー) 佐々木 正美(著)

アスペルガー症候群を持つ子供のため親が参考になる本です。アスペルガー症候群を障害でなく特性ととらえ個の障がいの治療、付き合い方が分かりやすく解説されています。

乳幼児期、学童期から思春期、成人期まであらゆる時代の行動特徴と支援策がイラストで図解されています。 

リンクはこちらです。

■ADHD―注意欠陥/多動性障害の子への治療と介入 C.キース・コナーズ、ジュリエット・L.ジェット(著)

本書では、幼児から成人までを視野に入れて、ADHDに関する対応策について、概要とポイントを述べています。Chapter 1ではADHDの概要を述べ、Chapter 2では診断とさまざまなアセスメントの方法がまとめてあります。Chapter 3では薬物療法の適用について現状を紹介しているが、アメリカと日本では薬品の商品名が異なる場合があり、日本では認可されていない薬品も含まれています。Chapter 4は本書の中心をなす章であり、心理的介入について、家庭と学校での方法が述べられています。その中心は、最も効果の認められている認知行動的介入です。 

リンクはこちらです。

■発達障害の人の内定ハンドブック―『発達障害の人の就活ノートII』完全版 

石井 京子,池嶋 貫二,佐藤 智恵(著)

発達障害を抱えながら就職活動をするとき、知っておきたい身だしなみのマナーからブラック企業の見分け方まで、内定に必要な就活メソッドが一冊に。さらに、就労移行支援事業所をはじめとした発達障害の人のための就労支援の仕組みも解説。『発達障害の人の就活ノート』がより実践的な内容で生まれ変わりました。 発達障害を持つ大学生の就職活動のためになる情報が充実しております。 

リンクはこちらです。

「こしょこしょよこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょよこはま」をよろしくお願い申し上げます。

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com