東野圭吾のガリレオシリーズ長編の第一弾

皆さんこんにちは、こしょこしょてんろく店長です。今回は、フジテレビで福山雅治さん主演でドラマ化、映画化された東野圭吾ミステリーの1つ、探偵ガリレオシリーズの長編第一弾を紹介します。

容疑者Xの献身

あらすじ

2度の離婚を経験した花岡靖子は娘・美里とアパートで二人暮らしをしていた。そのアパートへ靖子の2度目の離婚をした元夫、富樫慎二が彼女の居所を突き止め訪ねてきた。どこへ引っ越しても疫病神のように現れ、暴力を振るう富樫を靖子と美里は大喧嘩の末、殺害してしまう。今後の成り行きを想像し呆然とする親子に救いの手を差し伸べたのは、隣人の数学教師、石神だった。石神は主人公 湯川学と同じ帝都大出身の同窓生であり、湯川が唯一「天才」と認めたほどの数学者だった。彼は自らの論理的思考によって二人の犯してしまった殺人事件を完全犯罪とするため、指示を出す。

そして、3月11日、旧江戸川で身元不明死体が発見される。警察は遺体を富樫慎二と断定し、花岡親子のアリバイを聞いて目をつけるが、捜査が進展するにつれ、あと1歩といったところでことごとく花岡親子が犯人では矛盾が生じてしまうことに気づく。困り果てた草薙刑事は、友人の天才物理学者、湯川に相談を持ちかける。

湯川は当初傍観を通していたが、やがて石神がこの犯行に絡んでいることを感じ、独自に事件解明に乗り出していく。

「実に面白い」、「さっぱり分からない」などの印象的なセリフの多い探偵ガリレオシリーズ。

容疑者Xの献身は、福山雅治さんが映画作品で初めて主演を務めた作品でもあります。

当時、ドラマ、映画を見ていたという人もいるのではないでしょうか。石神の常軌を逸した献身ぶりと彼の仕掛けた殺人トリックは、当時、かなりの反響と論争を呼びました。

小説では、映画よりも登場人物一人一人の詳細が書かれているので、初めて読む人はもちろん、映画を見たことがある人もより深く登場人物に感情移入できると思うので、ご一読してみてはいかがでしょうか?