商品紹介(2019年7月)

皆様こんにちは、 こしょこしょてんろくです。

いつもお世話になります。

今回は当店販売中の本からお勧めの3冊を紹介します。

どれも興味を惹く内容の小説で、書題の部分に販売ページのリンクを張り付けました。

ご興味あれば是非ともご覧ください。

酔いどれ小藤次留書 状箱騒動(幻冬舎時代小説文庫)

内容紹介

うづと太郎吉の祝言で、無事に仲人を務めた小藤次は水戸へ旅立った。

だが、案内役の水戸藩小姓頭・太田静太郎と合流するや、街道筋で藩主の状箱が盗まれたことを耳にする。葵の御門が入った状箱は権威の証。

その強奪は何を意味するのか――。

図らずも、老中の密偵・おしんと行き合った小藤次は、予期せぬ事態を知らされる。

破邪顕正の第19弾!

子育て侍-酔いどれ小籐次留書 (幻冬舎文庫)

内容紹介

赤目小籐次は、水戸藩の騒動を治めた矢先、子連れの刺客・須藤平八郎を討ち果たす。

以来、須藤の子・駿太郎を養育し始めるが、身辺には不穏な侍の影がつきまとうのだった。

四家追腹組の新たな刺客なのか?警戒を強める小籐次だったが、駿太郎の出生に驚くべき秘密が隠されていることなど知る由もなかった…。

人気シリーズ、緊迫の第七弾。

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

内容紹介

新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。

ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。

捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。

夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが…。幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。