商品のテーマ:「いじめと虐待について」

 7月になり、かなり気候が熱くなりましたね。しかし最近は、雨が続くこともあり涼しい日が結構続くようになりました。今年は「冷夏」が長くなるそうです。

さて本題に入りますが、なぜ私がこの話題を選んだのか。その理由は、最近いじめに関するニュースよく目にします。とても他人事ではないと思いました。特にいじめを苦に自殺をするという記事を見ると、何とも言えない気持ちになります。あと、虐待で罪のない子どもが亡くなっているニュースも、よく目にします。

今回は、いじめに関する本を1冊、虐待に関する本をそれぞれ1冊、合計2冊選びました

いじめ・自殺・登校拒否解決のしかた 【宮内 邦夫】

子どもたちを救いたい!! いま多くの子どもが、親が、教師が、いじめ・自殺・登校拒否・家庭内暴力・学校内暴力に悩んでいます。何がそうさせるのか? 34年間家庭裁判所の調査官であった筆者が解決の糸口を分かりやすく説明しています。

商品詳細はこちら

It(それ)と呼ばれた子・幼年期 【デイヴ・ペルザー 田栗美奈子(訳)】

 「なぜ、僕だけがこんな目に?」母親に名前で呼んでもらえない。 “That boy”(あの子)から、ついには”It”(それ)と呼ばれるようになる。 ろくに食べ物も与えられずに毎日奴隷のように働かされる。身の回りの世話もされるうえに、暴力まで振るわれる毎日、ついにはかばってくれた唯一の味方の父親まで行方をくらませてしまう。アメリカ史上で最悪の虐待を受けた男の子が主人公です。この話は実際に母親から虐待を受けた筆者がつづった、貴重な真実の記録です。

商品詳細はこちら

以上、今回は2つの書籍を紹介いたしました。

「こしょこしょ よこはま」ではあらゆるジャンルの書籍やCD、DVDなど販売しております。ご興味をお持ちになられましたら、こちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょ よこはま」を宜しくお願い致します。

それでは次回の書籍紹介でお会いしましょう。

こしょこしょ よこはま

連絡先 koshokosho.media.yc@gmail.com