商品紹介~ポケットの中に青い知識を~

皆様、こんにちは。

Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

年末までの気温の変わりやすい日々から一転、冬らしい気温の寒い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私は大学・大学院で物理学を専攻していましたが、物理学や数学などの大切さが社会に浸透していないと感じることがあります。これには研究者のアプローチが足りないためという理由のほかに、数学や物理学、化学といったいわゆる「科学(Science)」に少なからぬ人が苦手意識を持ち敬遠されてしまっているためという背景もあるでしょう。

そこで今回、私はこしょこしょあきはばらで出品している本の中で、科学に苦手意識があるという方にこそ読んでいただきたいと思っている「ブルーバックス」のシリーズから書籍2冊をご紹介させていただきます。

『道具としての微分方程式―「みようみまね」で使ってみよう』(講談社、著者:斎藤 恭一)

 とかくむずかしいと敬遠されがちな微分方程式ですが、最初に全部を理解してから進もうとするのではなく、とにかく本書で著者のまねをして方程式をつくり、展開してみてください。やがて、現実の現象をどうしたら方程式にのせることができるか、式の解き方も含めて、自然にわかってきます。すると、新しい視野が得られます。

(「BOOK」データベースより)

 本書は微分方程式を物理学の道具として扱い、身近な現象を数式に表し解いていくことで、微分方程式の立て方や解き方に慣れていこうという内容になっており、微分方程式に慣れ親しんでもらうことを重視しています。

 これだけ聞くと、「物理学の問題や微分方程式を解くための参考書?」と思われるかもしれません。確かに本書は初心者向けの参考書として使うこともできますので、大学で物理数学などの講義を受けている学生の方々にお勧めです。加えて講義を担当する教員の方には、講義の初歩的な参考書としてもお使いいただけます。

 また、「やっぱり数学じゃないか。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。本書は、数学は身近なものに使える“道具”としても使えると、読者に伝えています。そのため導入や説明はできるだけやさしい言葉でされていますし、多少出てくる専門用語もわかりやすく説明されています。微分や積分の知識は必要とはなりますが、数学の道具としての一面を実感することができるでしょう。

 このように本書は、実際に微分方程式を扱う方々はもちろん、数学に苦手意識をもってらっしゃる方々にもお勧めできる一冊です。ぜひご一読されてみてはいかがでしょうか。

『元素111の新知識―引いて重宝、読んでおもしろい 第2版』(講談社、編者:桜井 弘)

エピソード満載!誰でも気軽に読めるおもしろさ。無味乾燥な化合物の列挙、表面的な知識の羅列を避け、なぜその元素がそういう性質をもつのか、なぜそのような用途に使われるのかを、やさしく、深く掘り下げて解説。生命と元素の関わりというこれまでにない視点を加え、謎につつまれた生体内微量元素の働きについて最新知見を紹介。

(「BOOK」データベースより)

 元素といえば、H(水素)、He(ヘリウム)・・・という元素の周期表における原子番号順の名前について、「水兵リーベ僕の船・・・」と覚えた方もいらっしゃるでしょう。また希ガスやアルカリ金属といった用語を思い出す方もいらっしゃるかもしれません。(ちなみに私は原子番号36のKr(クリプトン)までとアルカリ金属、アルカリ土類金属、ハロゲン、希ガスの全種を覚えていた時期がありました。)そう、まさしくその元素です。原子番号111までの元素を分かりやすく、身近な例も含めて一つ一つの元素ごとに説明しているのが本書です。

 本書は図鑑のように自分の興味を持った元素を引いて調べ、その前後の元素や関連する元素を続いて調べることが多いかと思いますが、読み物として最初から読んでいただいても楽しめます。はじめの方の元素は我々の生活に関係している元素が多いため身近に感じられ、発見までの歴史や意外なところへの利用例もあり興味深い内容となっています。原子番号の大きい元素は聞きなれないものが多くなりますが、実は身近なものに応用されているものもあり、知的好奇心が掻き立てられることでしょう。さらに本書では数式がほぼ使われていないので、数式が苦手という方にもお勧めです。

本書はタイトルで、“おもしろい”と自らハードルを上げておりますので、おもしろさ・興味深さは折り紙付きといっても過言ではありません。と冗談はさておき、様々な元素に触れる機会が多かった私自身でさえ、「そうだったのか!」と思う箇所がいくつもあります。元素の知識を深めたいという方や科学の雑学を増やしたいという方、科学に苦手意識のある方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

こしょこしょでは他にも小説や漫画など、多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文頂ければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDが御座いましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈して頂けますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担致しますので、着払いでの発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡を頂ければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願い致します。