商品紹介(2020年2月)

皆様、こんにちは。「こしょこしょてんろく」です。

2月に入りまして花粉症には辛い季節がやってきました。

今回は2冊の本を紹介させていただきます。

※下線部の入った文章にカーソルを当ててクリックすると該当商品を扱ったアマゾン売り場にアクセスしますので、是非クリックして下さい。

■「ビタミンF」(重松清 新潮文庫 2003年)

このビタミンは心に効きます。疲れた時にどうぞ――。

現在知られているビタミンはA、B、C、パントテン酸、ニコチン酸など十五種類ほど。ビタミンFというものは無い。無いのなら 作ってみせよう ビタミンF。この本である。

人の心にビタミンのように効く小説があってもいい。Family、father、friend…と〈F〉で始まるキーワードが物語に散りばめられている。「また、がんばってみるか」と心の中でこっそり呟きたくなる7作の短編集。

■「歴史を考えるヒント」(網野善彦 新潮文庫 2012年)

 「歴史のなかの言葉」をテーマとした1997年の新潮社主催の連続講座と『波』での連載をまとめ上げた1冊。「日本国」の範囲はどこまでだった? 「日本=孤立した島国」は本当か?「市場」は「世俗の縁の切れる場所」だった? 「株式」の本来の意味は「株」+「職(しき)」?などなど、目からウロコの歴史学。 当店ではこのほか、各種小説、ライトノベル、コミック、実用書など、さまざまな書籍をご用意しております。また、書籍寄贈もお待ちしております。詳しくは当店のご紹介をご参照願います。