商品紹介 「今月のおすすめ:村上春樹の代表作品」

11月に入って、秋も終わりに近づいてきました。もうすぐ冬が訪れる時期となり、2018年も残りわずかとなっていきましたね。読書の秋が終わりになりそうですが、秋の夜長を過ごすのに村上春樹の作品を読んでみてはいかがでしょうか。

 

ノルウェイの森・上 村上春樹 [講談社]

1987年発行。2部構成の長編作品で、当商品は上巻です。

主人公の『僕』(ワタナベトオル)は、楽曲『ノルウェイの森』を聴き、過去の出来事を回想していた。高校時代の親友の自殺、親友の幼馴染で『僕』と恋愛関係になった女性の休学、さらには別の女性との付き合いや学生寮の上級生とのガールハントなど、身の回りの人間の生死や恋愛模様を目の当たりにしていった。この経験から文筆業になるまで、『僕』は公平さを重んじるという理想と社会に生きる術の食い違いを悟っていく。

人間の恋愛模様の複雑さ、人間の個人の理想と社会の現実のギャップを描いた作品です。人間の弱さと感情の複雑さという重いテーマでつづられているので、人間について関心のある人にはお分かりいただけるでしょう。

 

文章の引用元

・「【書評】村上春樹 “ノルウェイの森”」

https://wondertrip.jp/book/96506.html

・Wikipedia 「ノルウェイの森」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%A3%AE

1Q84 BOOK 1 村上春樹 [新潮社]

2009年5月発行。村上春樹の作品で代表格とされているものです。2010年4月まで全3巻が発行されたうちの1作目です。発行年である2009年に、年間ベストセラー1位を獲得し、一世を風靡したほどの話題作となりました。

1984年、主人公の青豆と天吾は別の世界の『1Q84』の世界へ行くことになってしまう。2人は両想いだったが10歳の頃離れて以来、一度も会っていない。青豆はある人物に出会い、女性を苦しめる男の連続殺人を行うようになる。天吾は小説を書いて売れるようになったが、小説で書いたことが1Q84の世界で実現するということを知る。それぞれの1Q84の世界で起きた奇妙な出来事に戸惑う2人。2人は正気を取り戻し、元の世界に戻れるのだろうか。

村上春樹が倫理観を離れた人間の境遇をもとに書いたミステリーです。

 

文章の引用元

・Wikipedia 「1Q84」

https://ja.wikipedia.org/wiki/1Q84

・「田原総一朗公式サイト 村上春樹の『1Q84』を読んで」

http://taharasoichiro.com/cms/2009/08/19/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9%E3%81%AE%E3%80%8C1%EF%BD%9184%E3%80%8D%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7/

 

騎士団長殺し:第1部 顕れるイデア編 村上春樹 [新潮社]

2017年発行。「騎士団長殺し」は『第1部:顕れるイデア編』、『遷ろうメタファー編』の2部構成の作品です。2018年11月現在、村上春樹の長編作品では最新作となります。

妻との離婚話で家を離れ、知人の伝手で絵画を描くことになった主人公は、アトリエの屋根裏で『騎士団長殺し』という日本画を偶然目にする。さらに、主人公はアトリエ裏を探っていくうちにイデアという不可思議な存在と出会う。イデアとの出会いにより、主人公は数々の奇妙な現象に遭遇していくこととなる。

この作品には哲学用語やヨーロッパにおける世俗に関連するものがぎっしり詰まっており、日本人に限らず、ヨーロッパの文化に親しみのある人なら誰でも楽しめると思います。

 

文章の引用元

・Wikipedia 「騎士団長殺し」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A8%8E%E5%A3%AB%E5%9B%A3%E9%95%B7%E6%AE%BA%E3%81%97

・村上春樹が騎士団長殺しで企んだこと

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51168

 

村上春樹の作品において、その作品に沿った文化・風俗が随所に見られるようになっています。純粋に作品そのものを楽しめるほか、文化が全部でいくつあるか探してみてはいかがでしょうか。ぜひ、村上春樹の作品に触れ、文学の面白さを感じ取ってみてください。

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVD等を販売しております。
興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

今後とも「こしょこしょ よこはま」をよろしくお願い申し上げます。

 

それでは、次の記事でまたお会いしましょう。

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com

こしょこしょてんろく おすすめ商品のお知らせ

秋も深まり、そろそろ紅葉の時期になって参りました。

こんにちは、こしょこしょてんろくのブログ担当です。

今回のブログでは、こしょこしょてんろくの商品の在庫の中でもおススメの本を紹介させていただきます。

今回紹介する本はこちらです。

 

耳袋秘帖 妖怪うしろ猫

 

Amazon紹介ページはこちら

 

「耳袋」という怪談群は皆さんご存知でしょうか。江戸時代に根岸肥前守という実在した人物が奇妙な話、恐ろしい話を見聞きし、蒐集して集めた随筆です。

 

現代でも通じる怪談話として一部では有名なこれらの編者、根岸肥前守が主人公であるのが今回の物語の特徴です。

奇妙な話を聞きつくした根岸肥前守が江戸の町を守るために6つの奇妙な事件に挑むという、ある種探偵小説とも言えるし、怪談物語とも言えます。

 

根岸肥前守は妖怪に造詣が深い人物です、なにしろ耳袋という怪談集を編纂したのですから。

しかし、実際に怪異に対して人間は無力な事が多いです。そこを経験と知恵で切り抜けていくところが本作の魅力とも言えます。

耳袋、怪談に興味のある方、時代小説に興味のある方は是非手に取ってその世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

こしょこしょてんろくで絶賛取り扱い中です。

 

今回のおススメ商品紹介は以上です。

こしょこしょてんろくは時代小説の中でも、佐伯泰英の本が人気の古書店です。

時代小説に興味をお持ちの方もそうでない方も、こしょこしょてんろくの商品をご覧ください。

思いがけない本との出会いがあるかもしれません。

 


こしょこしょ てんろく

〒531-0074

大阪府大阪市北区本庄東1-1-10

RISE88ビル503号


 

 

 

 

今週のおすすめ商品

みなさんこんにちは。就労移行支援事業所Kaien秋葉原の訓練生です。

いつもKaienオンラインショップのブログをご覧いただき有難うございます。

東京でも日増しに寒さが身にしみるようになりました。朝夕は特に冷え込む季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

弊社では訓練の一環として、知育玩具、雑貨、書籍、CD、ゲームソフトなどの多彩な商品をヤフーオークションにて販売しております。

 

今回ご紹介する商品は、柘植雅義著『特別支援教育 多様なニーズへの挑戦』(中公新書)です。

著者の柘植雅義氏は、筑波大学で教育学博士の学位を取得後、長年公立小学校の特殊学級や養護学校の教諭として、現場で特殊教育に取り組んでこられた方です。

本書刊行当時は国立特別支援教育総合研究所上席総括研究員として、2018年現在は筑波大学人間系障害科学域知的・発達・行動障害学分野教授、特別支援教育研究センター教授、附属大塚特別支援学校校長として、幅広く活躍されています。

この本は、柘植氏が2012年に東京大学大学院で行った講義をもとに執筆されています。

柘植氏は特別支援教育について、「従来の特殊教育の対象や対応方法などを包含しつつも、その考え方や対象は全く異なったものになったのであり、まさに大きな転換(パラダイムチェンジ)であった」(本書第Ⅰ部第1章p.23-24より引用)と述べています。

本書の第Ⅰ部では21世紀になって誕生した特別支援教育の概要と、国・自治体・学校でなされてきた具体的な取り組みを紹介しています。

続く第Ⅱ部では明治以来の日本の特殊教育史がコンパクトにまとめられています。

最後の第Ⅲ部では、現在の特別支援教育で行われている実際の取り組みや最新の学術研究、そこで分かってきた諸問題について紹介しています。

また、ベースとなった東大での講義の際に出題された課題が巻末にまとめられているのも大きな特徴です。

特別支援教育に関心を持つすべての方に読んでいただきたい本としてお薦めいたします。

この書籍はヤフオク!のToy-enサイトにて出品中です。

皆様のご注文を心よりお待ちしております。

 

私共Toy-enは、職業訓練の一環として皆様から寄贈頂いた品を商品として販売しております。

使わなくなった玩具や本、CDやぬいぐるみ等がございましたら、お気軽にToy-enまでご寄贈ください。

皆様のご寄贈を心よりお待ち申し上げております。

不明な点がございましたら、toy-en@kaien-t.netまで、お気軽にお問い合わせください。

KODOMO福 新宿 冬物オススメ商品ご紹介

KODOMO福 新宿でございます。

平素よりKaienオンラインショップをご愛用いただき、誠にありがとうございます。

 

2018年もあと2ヶ月で終わりを迎える季節になりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

KODOMO福 新宿では11月より冬物の出品を開始いたしました。

今回は、寒くなるこれからの季節にピッタリなオススメ商品を3点

ご紹介いたします。

 

まずはコチラ!!

1. ☆男女兼用UNIQLO青いあったかフリース★

〇商品説明

ブランド:UNIQLO KIDS

サイズ:120(115~125cm)

対象:男女兼用

オススメポイント:シンプルなデザインで何にでも似合います!フリースの下に柄物のTシャツを着ると尚Good♪

 

↓↓☆★商品URL☆★↓↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r281534062

 

 

続いてはこれからの季節に必須アイテムのコート♪

2. ☆EGOIST白のふわふわファーコート★

〇商品説明

ブランド:EGOIST

サイズ:着丈67cm 肩幅36cm 袖丈58.5cm(当店規格)

対象:婦人

オススメポイント:内側の生地がふわふわファー仕立てになっており、寒くなるこれからの季節、正にピッタリの一品です!!

 

更にブランドタグは金属仕様になっていて高級感溢れる✨✨

 

↓↓☆★商品URL☆★↓↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u235107944

 

最後はオシャレなこの商品!!

3. ☆INGNIラビットファー付きPコート★

〇商品説明

ブランド:INGNI

サイズ:Mサイズ

対象:婦人

オススメポイント:首回りに大きなラビットファーがついているので、空気が冷たい日にも安心♪

結構大きなラビットファーで寒い冬でもいつもあったか

 

↓↓☆★商品URL☆★↓↓

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t605819789

 

 

いかがでしたでしょうか?

もし、今回ご紹介した商品にご興味を持って頂ければ幸いです。

 

!!!商品が売り切れとなった場合はご容赦ください!!!

 

 

 

■次回予告

「KODOMO福 新宿におけるこだわり 第7回」を予定しております。

 

 

********************************************************************

 

当店では、子供向け商品を中心に、紳士向け・婦人向けの商品を、大変お求めやすい値段で出品しております。是非ご覧ください。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

☆★KODOMO福 新宿(ヤフオク内)★☆

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nj_kodomofuku

 

これからもKODOMO福 新宿を末永くご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

商品紹介~海外のマンガと日本のマンガ~

みなさんこんにちは。Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

紅葉の季節となりました。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

最近、こしょこしょあきはばらではマンガ本を沢山出品しています。

今回、私は海外のマンガ本と日本のマンガ本を1冊づつ紹介したいと思います。

 

〈海外のマンガ本〉

 

『X-MEN (2) (アメコミ新潮)』(新潮社/マーク・ミラー 著, アダム・キューバート 著, 柳 亨英 翻訳)

 

マグニートー率いるテロ組織が大統領の娘を誘拐した!!監禁場所クロアチアへ救出に乗り込んだX-MENを待っていたものは…。それが単なる序章にすぎなかったことを、彼らはまだ知らなかった。核戦争へ向けた序章であることを…。(本書ブックカバーの一部より抜粋)

 

このマンガはアメリカン・コミックスでお馴染みのヒーロー作品・X-MENシリーズの第2巻です。2003年5月3日に上映された映画『X-MEN2』の原作コミックです。

大統領の娘の救出に失敗したX-MEN一同。それに失望したサイクロップスことスコット・サマーズはX-MENを裏切り、敵軍のマグニートー一味へと入ってしまいます。しかし、マグニートー達が合衆国を滅ぼすことを知ったサイクロップスはX-MENの元へ戻ろうとします。果たして、彼等の運命は…?その続きは本編でのお楽しみです。

X-MENシリーズの第3~6巻、他のX-MENシリーズのマンガもこしょこしょあきはばらで取り扱っています。是非そちらの方もご覧になって下さいね。

 

〈2冊目は日本のマンガです。〉

 

『コードギアス―反逆のルルーシュ (1) (あすかコミックDX)』(角川書店/マジコ! 著, ストーリー原案:大河内 一楼, 谷口 悟朗)

 

神聖ブリタニア帝国に占領された日本。「エリア11」と数字で呼ばれ、自由と権利を奪われたこの国で、一人のブリタニア人の少年が世界を変える力を手に入れた。彼の名は、ルルーシュ。ブリタニアへの復讐のためなら、手段は選ばない。野望を秘めた少年の、孤独な戦いが幕を開ける! (本書ブックカバーより抜粋)

 

このマンガは大人気アニメのコードギアスシリーズ「反逆のルルーシュ」の第1巻です。つい最近、「コードギアス-反逆のルルーシュ」の外伝のマンガも発売されました。

自分の国に母を殺され、妹の身体の自由を奪われた主人公のブリタニア帝国の第11皇子・ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアはある日、彼の命が危機に面した時、謎の少女と1つの契約を結び、素晴らしい能力「ギアス」を手に入れます。そしてルルーシュは子どもの頃からの「ブリタニアをぶっ壊す」という望みを叶えようとし、平和で争いのない世界を作ろうとする物語です。

第2巻では殺人容疑で捕らえられた親友スザクを救出します。第3巻では第二のギアス能力者・マオが現れ、ルルーシュの大切にしてきたものが崩れ始めます。第4巻ではギアスの謎を探っていたルルーシュが母の死の真相を知る第2皇子シュナイゼルと遭遇します。第5巻ではエリア11の総督・ユーフェミアが「行政特区日本」の設立を宣言します。どの巻もクールな戦闘シーンやギアス発動シーンがあり、少し笑える部分もあります。

「コードギアス-反逆のルルーシュ」の第2~5巻、コードギアスの別シリーズのマンガもこしょこしょあきはばらで扱っています。是非こちらの方も合わせてご覧になって下さいね。

 

「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

 

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

 

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

 

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。