商品紹介 生活をステップアップするためのとっておきの二冊

皆さんこんにちは、Kaien秋葉原サテライトの訓練生です。

春分の候、日増しに春めいてまいりました。

Kaienの古本オンライン販売店舗「こしょこしょあきはばら」で訓練を始めてから9ヶ月が経過しました。スタッフ・講師、共に励む訓練生の助けもあり、自分の能力や得手不得手を理解し、今では2回目のブログ担当や店長を務めさせていただいております。

その感謝の意味も込めて、こしょこしょあきはばらで出品している書籍の中から皆様にぜひおすすめしたい本を紹介します。

『忘れてしまった高校の物理を復習する本―物理の基本、ここが面白い!』(中経出版/為近 和彦 著)

物理には、この世の中の複雑な現象が数式によってシンプルに記述されてしまう、という魅力がある。(本書カバーより抜粋したものを一部改変)

あえて結論から言いましょう。ありとあらゆる学問の中で、物理ほど生活に身近な学問はありません。故に、物理を知ることで生活に小さな楽しみを発見できるのです。

計算が苦手な方々には数学と同一視されやすく、敬遠されてしまう「物理」という科目。ですが、物理学は数式と並んで「思考・観測・実験・分析から導かれる法則」を重視する学問なのです。

その法則の価値の大きさについて、本書の第一章に記載されています。私としては是非、この第一章だけでも読んでいただきたい!…と思います。

図解やイラストも豊富で大変分かりやすく、きっと続きを読みたくなります。

『相手に伝わる日本語を書く技』(日本経済新聞社/一ノ坪 俊一 著)

私たちは「考えること」と「書くこと」の関係についてもう少し深く考えてみる必要がありそうだ。(本書より抜粋したものを一部改変)

インターネットの普及によるメディア化が急速に進む昨今、数多くのSNS等、自分の思想や主張を誰かに伝える際に「話す」以上に「書く」ことによる発信が身近な手段となっています。そんな今だからこそ読んでいただきたいのがこの書籍です。

目次を開くだけでわかっていただけるかと思います。本書は文章の組み立て方を教えてくれる書籍ではなく、「読み手にとって快適な文章を書くための技術書」です。

本書を読んで、文章を書いてみてください。これまでの文字の羅列から脱却し、活き活きした文章に変身させたい方にお勧めの一冊です。

以上、私が皆さんに紹介したい書籍でした。

こしょこしょでは他にも小説や漫画など、多数の書籍を取り扱っております。是非、合わせてご注文いただければと思います。

◎「こしょこしょあきはばら」では不要になりました本・CD・DVDを探しています。

ご不要になりました本・CD・DVDがございましたら「こしょこしょあきはばら」に寄贈していただけますでしょうか。

寄贈品の発送料は「こしょこしょあきはばら」が負担いたしますので、着払いで発送をお願い致します。

その際、事前にメールにてご連絡をいただければ幸いです。詳細はブログのTOPページをご覧ください。皆様のご支援、よろしくお願いします。