「Decobo通信 第7号」表紙より

Decobo通信はAmazonのKindleストアで販売しておりますので、ご利用下さい。

Decobo通信 第一号 10代の発達障害 発達障害丁々発止

「Decobo通信」は株式会社Kaienが設立から今日までの約8年間にわたり、発達障害の方と向き合う中で得た多くの気づきと体験と知恵をお届けすることを目的に発刊いたしました。
「発達障害って難しい」と思うのではなく、「なるほど、こういうことね」と思ってもらえるよう、わかりやすくをコンセプトに編集しています。

Decobo通信 第二号 発達障害と間違えられやすい症状 発達障害丁々発止

第一号に引き続き当社スタッフが発達障害者の方と関わる中で発見した「気づき」をお伝えします。今号では「発達障害と間違えられやすい症状」を特集しました。発達障害と判別が難しい新型うつ・統合失調症などの病気、不安障害、パーソナリティ障害などについて当社の考え方をまとめています。巻末の「Kaien利用方法に関するQ&A」では当社サービスの利用を検討されている方々から寄せられた疑問にお答えしています。

Decobo通信 第三号 発達障害者(児)の進路・就職

第三号は、成長の過程・人生の過程におけるテーマや、Kaienで日々起こっていることを取り上げることにより、ご本人自身のみならず、発達障害のお子様を抱える親御様、ご家族の方々にとっての一つの指針として受け取っていただけるようなコンテンツとしました。
また、利用説明会にお越しいただく皆様、支援機関の方々から「Kaienってどのような会社なの?」という質問を多くいただくことから、Kaienという会社を知っていただけるように写真も交えてわかりやすく紹介しています。

Decobo通信 第四・五・六合併号 私とKaien「仕事は能力や技能を社会に還元する手段」

第四・五・六合併号合併号では、当社利用者およびご家族の体験談である「私とKaien」と、発達障害について当社に寄せられたさまざまな質問に回答する「Q&A」を掲載しています。

Decobo通信 第七号 医師と語る 現代の発達障害 不登校のお子さんからバリバリのビジネスパーソンまで

第七号では、新たに株式会社Kaienの代表鈴木による「医師と語る」シリーズを掲載しております。
Kaienと同じく、発達障害の方と真摯に向き合われ今後益々のご活躍が期待される若手の医師にインタビューさせていただき、それをまとめたものです。

Decobo通信 第八号  医師と語る現代の発達障害 脳の特性に合わせた効果的なアプローチを開発

今回の八号では前号に引き続き、発達障害の方と向き合っておられる医師に対談形式でインタビューさせて頂く「医師と語る」シリーズ、当社利用者およびご家族の体験談である「私とKaien」を掲載しています。Kaienにお寄せ頂いたご質問・ご意見にお答えしていくQ&Aでは、転職についてのご質問を中心に掲載しています。