テーマ 「増税とマネーのお話」

こしょこしょよこはまのブログへようこそ

消費税率が10%に引き上げられるまで1ヶ月を切りました。皆様お金の使い方を考えていますか?というわけで今回はマネーについての本を紹介したいと思います。

①税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ – サラリーマン最強の蓄財術

大村 大次郎 (著)

 税務署員は高給取りだから裕福な生活をしている?いいえ。税務署員の給料は決して高くはありません。彼らは調査相手の金持ちや事業家の蓄財術を知り尽くしているから裕福な生活ができるのです。不動産、保険、年金、投資、補助金…皆さんが知らないほんのちょっとの知識と手間で、生活を大きく変えることが出来るのです。

商品紹介ページはこちらです。

②なぜ日本人は、こんなに働いているのにお金持ちになれないのか? _21世紀のつながり資本論 渡邉賢太郎 (著)

 元証券会社の著者が、リーマンショックを機に2年40カ国、「お金とは何か?」を学ぶために世界を旅した物語をまとめた一冊です。お金のことを学ぶために世界を旅して見つけた、最も衝撃的な事実とは……。気になる方は是非手に取ってみてください。

商品紹介ページはこちらです。

③図解知らないとヤバイお金の話 岡崎 充輝 (著)

 日本で生きていく上で、知っていて当たり前の社会の仕組みとお金の話について書かれた本です。人生という大きな流れのなかで、いつ、どんなふうにお金を使うか。また、社会の仕組みをどう使えば自分にとって有利になるのか。 知っているのと知らないのとでは、大きな差が生まれてしまいます。では、そこでお金の現実を知っていきましょう。

商品紹介ページはこちらです。

以上3冊が今回紹介する本です。この機会にマネーのことをより深く学んで、マネーの達人になりましょう。

「こしょこしょ よこはま」ではあらゆるジャンルの書籍やCD、DVDなど販売しております。ご興味をお持ちになられましたら、こちらのサイトをご覧ください。

今後とも「こしょこしょ よこはま」を宜しくお願い致します。

それでは次回の書籍紹介でお会いしましょう。

こしょこしょよこはま

連絡先 koshokosho.media.yc@gmail.com