商品紹介(2019年1月)

皆様こんにちは。こしょこしょてんろく副店長です。2019年もよろしくお願いいたします。今回は私どもの出品書籍の中から、「鉄道」が関わる書籍を3品ご紹介いたします。それではさっそく始めていきましょう。

■東京駅はこうして誕生した(林章著 ウェッジ選書 2007年)LINK!
日本でもっとも有名な駅のひとつ、東京駅。新幹線・特急列車、近郊電車、通勤電車に至るまで、数多くの列車を送り出し、100年以上にわたって多くの人々の生活を支えています。この本では、あの象徴的な赤レンガ駅舎の建設エピソードや、開業後の東京駅の遍歴を記述するにとどまらず、新橋~横浜の開業を嚆矢とする、鉄道がもたらした東京という都市の発展や、路線の延伸、社会・時代・文化の変化にまで踏み込んだ内容となっております。

■銀河鉄道の夜 少年少女日本文学館(10)(宮沢賢治著 講談社 1985年)LINK!
自然を愛し、身近な題材から幻想風景を綴った宮沢賢治。銀河の星々の光は、時として鉱石や宝石の輝きにたとえられ、色彩豊かに、幻想的に表現されています。本書では表題の「銀河鉄道の夜」のほか「注文の多い料理店」「風の又三郎」「セロ弾きのゴーシュ」など、彼の手による傑作童話が全9作品収録されております。本文は大きめの活字が用いられており読み仮名付きで、注釈も時には小さな挿絵を交えつつ丁寧になされており、非常に読みやすい一冊となっております。

■京都駅0番ホームの危険な乗客たち(西村京太郎著 角川書店 2010年)LINK!
十津川警部シリーズで名高い西村京太郎の作家活動50周年記念の一作で、本作でも十津川警部が活躍します。犯人たちは、新聞広告に掲載された謎のメッセージによって集合し、恐るべき計画を開始するため、とある列車に乗り込みます。国家を揺るがす陰謀計画が動き出し、豪華寝台特急「カシオペア」号が狙われ、そして・・・。十津川警部はこの計画を阻止できるのか?犯人が動き、列車は走り、タイムリミットが迫る。

同じ「鉄道」を題材とつつも、その切り口の違った3作をご紹介いたしました。当店ではこのほか、各種小説、ライトノベル、コミック、実用書など、さまざまな書籍をご用意しております。また、書籍寄贈もお待ちしております。詳しくは当店のご紹介をご参照願います。

最後までお読みくださいまして、誠にありがとうございます。