商品紹介

こしょこしょよこはまです。

残暑見舞い申し上げます。残暑と言っても連日30度を超え全く「残」暑ではありませんね。

環境省の熱中症の基準によると気温31度以上は厳重警戒だそうです。熱中症、気を付けましょう。

このような暑さだからこそ涼しい図書館や木陰で本を読むのも一つだと思います。

 

さて、今回も商品紹介をさせていただきます。

今回は小説のセットを二点挙げさせていただきます。

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上下巻2冊セット

著作:J.K.ローリング  (著), J.K.Rowling (原著), 松岡 佑子 (翻訳)

販売ページはこちら

言わずと知れたファンタジーの名作第4弾です。ハリー・ポッターは2007年に第7弾「ハリー・ポッターと死の秘宝」を持ちまして完結していますが、2016年7月31日にアメリカで第8弾と位置付けられている舞台「Harry Potter and the Cursed Child Parts I & II」(ハリー・ポッターと呪われた子供)の脚本が書籍化されました。また、2016年冬に新スピンオフ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開されます。

スピンオフの映画化や続編の書籍化にともないハリー・ポッターの世界は再び熱を帯びてくると思います。一読されたことのあるかたはお持ちの本を読み返し、読んだことのないかたは映画の公開を前に前作を読んで見てはいかがでしょうか。

 

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉〈下〉 (文春文庫) 著作:堺屋太一

販売ページはこちら

知っている人は知っている、知らない人は知らない豊臣秀吉天下取りの立役者豊臣秀長を題材とした小説です。作者の堺屋太一さんはかつて大河ドラマ「秀吉」の原作者で、「大河ドラマというのは、歴史上の事実に基づいたドラマを描くべきで、歴史的に分からない部分に関してのみフィクションが許される」と発言されたことでも知られています。時代考証を大事にされていらっしゃる作家さんなので「安土桃山時代はこうだったんだな~」という目線で読んでみると楽しいかもしれません。

 

「こしょこしょ よこはま」では様々な書籍・CD・DVDを販売しております。

上記のような小説はもちろん、絵本や精神障害系の専門書籍等、2000件ほどを販売中です。

興味をお持ちになられた方はこちらのサイトをご覧ください。

 

また、ご不要になられました書籍・CD・DVDの寄贈も受け付けております。

こちらもよろしければお願いいたします。

 

それでは、次の記事でお会いいたしましょう。

 

こしょこしょ よこはま

連絡先:koshokosho.media.yc@gmail.com