訓練をふり返って

こんにちは。私はこの6月から就労移行支援事業所Kaienの訓練生になりました。訓練では「こしょこしょあきはばら」を通じて、就労に必要な技術を学んでいます。

 

「こしょこしょあきはばら」はオンラインショップのAmazon上で中古本を出品し、販売しています。そこに出品している本はご厚意による寄贈本がもととなっていますが、寄贈して頂いた本をそのまま出品できる訳ではありません。

 

私がこれまでおよそ1カ月の間に行った作業は以下の通りです。

 

・頂いた本の状況、キズや汚れ、染み、書き込みなどの有無をチェックします。本の状態によっては出品を断念することもあります。

・見つかった汚れなど、もし落とせるものなら落とし、なるべくきれいな状態にします。

・その後で売値を設定し、商品の状態(「カバーに汚れ」など)の説明を添えてAmazonに出品・登録します。

 

文章で説明するとわずか3行ほどの内容ですが、この間に先輩訓練生や上司に何度もチェックをしてもらいます。これで商品の品質管理と同時に訓練生の感性や能力も鍛えられていくわけです。

 

お客様に商品が届いたときのことを想像しながら、上記の作業を行うのはもちろんのことなのですが、一人でできる作業ではないので、報告・連絡・相談をどんな状況で、仲間の訓練生や上司にわかりやすく、また簡潔に行うかなどを学ぶ機会にもなっています。

 

ともすれば相手の状況を忘れがちになってしまうこともありますが、これからも良い本の提供とともにコミュニケーションの習熟を目指して、「こしょこしょあきはばら」の訓練に励んでいきたいと思います。