店長経験を通して

初冬の候 皆様におかれましてはお変わりなくお過ごしでしょうか。

 

オンライン店舗業務担当の訓練生です。

今回は私の実体験を交えながらお話したいと思います。

 

私がオンライン店舗業務に加わったのは2カ月前なのですが、オンライン店舗業務は以前まで参加していた週替業務(1~2週間ごとに業務内容や個人ワーク、グループワーク等の形式が変化する訓練)とは違い、明示されたルールに忠実に従わなければならないので、誤ったやり方で作業を進めてしまうことのないように報連相が欠かせない業務となります。

 

オンライン店舗業務に加わって一カ月、店長業務の担当依頼が舞い降りてきました。当時私は「業務内容の理解が不足している自分に果たして勤まるのだろうか。」という不安感に悩まされていましたが、挑戦しないまま諦めてしまっては成長しないと考え、引き受けることにしました。

 

店長業務初日、マニュアルを閲覧しながらのおぼつかなさのうえ、メンバーからの多数の質問が寄せられ、思うように業務が進みませんでした。それでも、なんとか難所を乗り越えると一日の大まかなタスク割りや今後の業務方針の相談を自然と自発的に出来るようになっていました。

 

その後、店長業務の担当期間を過ぎて指示を受ける側になると店長に不明点を伺うのではなく、講師役の方やお手が空いている業務経験が豊富な方に相談をするようになり、店長経験はとても学びが多いものでした。

 

 

現在Kaienでは商品を寄贈して頂ける方を随時募集しております。

家に不用品の心当たりのある方や障がい者就労に関心を持たれた方はご一報頂けると有り難いです。

寄贈して頂いた商品はKaienが職業訓練の教材として丁寧に使用させて頂いたのち、Toy-enから出品いたします。